【努力して下げる】ブログが書き続けられるようになる”質の低い記事”の書き方

今年も残すところ僅かとなりましたね。

「ブログを書く」を今年の目標にした。あるいは「ブログを書け」と言われ、一生懸命頑張ったものの、思ったような成果が出ずに苦しんだ方、実は多いのではないでしょうか?

あなたがブログが書けない理由とは?

「ブログが書けない」
「いい文章が書けない」

このように悩まれる方は少なくないでしょう。もっといってしまいますと、

そもそも、何を書けばいいのか分からない…

これらを解決するためには一体どうしたらよいのか。ブログや文章のセミナーに通い、文章力を身につけるべきなのでしょうか?もちろん、そういう方もいらっしゃるでしょう。

しかし、実は大半の方が必要なこと。それは文章力を身につけることではありません。もっといってしまいますと、

既に文章力は身についている

そして、一体何を書けばいいのかといいますと、

書くべき内容も、実は大体決まっている

のです。

ブログが続くために必要な「努力」とは?

実はブログが続かない人は、ある努力をしていない。その努力は一体何かといいますと、

“意図的に”質の低い記事を書く

もっといってしまいますと、

質の低い記事を書く努力をする

このように書くと、こう反論されるかもしれません。

「質の低い記事だったら誰でも書ける」
「記事の質を下げたら読まれないじゃないか!」

そして何より、

「努力って質の高い記事を書くことですよね?」

これが大きな誤解です。実は、あなたの記事が読まれない理由。それは、

難しく書きすぎているから。

そして極めつけは、

タイトルが響かない

スポーツ新聞の一面に載る記事とは?

例えばコンビニやキオスクで、スポーツ新聞が並んでいるとします。一面の見出しにデカデカと書いている文字はどちらでしょうか?

1.整数
2.離婚

当然ですが後者。即ち「離婚」です。おそらく芸能人の誰が離婚した。あるいは離婚する可能性があるといったニュースでしょう。

一方、整数というタイトルがスポーツ新聞の一面に掲載されることは基本的にありません。理由は簡単です。

興味を惹く文字じゃないから

整数について知りたくてスポーツ新聞を買う人は、おそらくいません。実はブログが続かない人の発想がこれなんです。一体どういうことかといいますと、

「離婚なんて下世話な内容だ」
「私は数学の知識がある。他の人よりも優れているんだ」

しかし、当然ですが記事を読むのは読者です。あなたではありません。例えば一生懸命”整数”について記事を書く。あるいは分かりやすく説明したつもりであっても、

「全く理解できない」
「面白くない」

このような反応をされてしまう。

では、こういった問題を解決するにはどうすればいいでしょうか?方法は簡単です。

“離婚”というキーワードを最初に入れろ

例えば「整数について」ではなく、

離婚の確率を考える

こういったタイトルにする。そして、その内容に沿った文章を書くことが重要です。

当然ですが、純粋に(数学的な考察として)整数のことを書くよりもクオリティは下がるでしょう。しかし、これこそが、

読者目線に合わせて書く努力=記事の質を下げる努力

なのです。即ち、

“敢えて”記事の質を下げる。

逆に言うと、現在のあなたは、

記事の質を上げる努力=読者目線を離れて、独りよがりな記事

になっている。これがブログが続かない、しかし努力は一生懸命している。もっといってしまいますと、

心が折れてしまっている

一生懸命”いい記事=難しい記事”を書いているわけですから。頑張れば頑張るほど読者との乖離が激しくなってしまう……。

本人に能力がある。あるいは面白いネタを持っているにも関わらず読まれない。あるいはアクセスが集まらない原因の共通点が、実はこの「レベルを下げる努力」をしていないなのです。

一生懸命ブログを書いたのですが……

私自身、行政書士をしております。そのため、最初にブログを書き始めたころは自分の業務。あるいは業務を行う上で必要な知識、即ち法律や手続等について書いていました。しかし、

一生懸命書いてもアクセス数が全く伸びない……。

そしてアクセス数が伸びないため、書籍やセミナー。あるいは情報商材等で勉強をしてみたのですが、そこで教わる内容は概ねこんな感じです。

・USPを発見しましょう
・自分の強みを明確に
・同業者との差別化を図りましょう

更に問題であったのが、

(成果を出したければ)実績をアピールしてください」

……その実績がないのに一体、どうやってアピールすればいいのか全く分からない。そして、どうしても分からないために講師に質問をしたところ、これも概ねこんな感じです。

「そんなの自分で考えろ!」
「義務教育じゃねーんだから!」

しかし、分からないものは分かりません。セミナー受講の要件として「予め実績があること」とは書いてませんでしたし、そういったエントリー用紙の提出が必須というわけでもない。したがって「実績がなくても大丈夫」だと思っていたわけです。

結局、セミナーでは全く意味がない。では一体どうしたかといいますと、

専門分野以外の内容のブログを書いた

だから私は”専門記事”を書くのをやめた

私自身、ホテルの朝食に関するブログを10年以上書いております。

別に前職がホテルマンとか、あるいは飲食店に勤務していたからではありません。理由は簡単で、

「早起きしたかったから」
「ホテルの朝食が何となくよさそうだったから」

そんな理由で、朝早起きしてホテルの朝食を訪れたのがきっかけです。

しかし、これにより、


※女性セブン「人生を変える朝活」より

・週刊誌から取材が来た
・雑誌に記事投稿の依頼が来た

そして何より、

ブログを見た人から仕事の依頼が来るようになった。

ブログを書き始めた後、これまで訪れてよかったホテルを中心に「朝食会」の開催を始めました。これは10年間で100回以上。バーやアフタヌーンティー等、他の企画も合わせると130回以上開催しております。

そして、この朝食会等を通じて業務を依頼されるようになりました。

この内容を見て、あなたは不思議に思われたでしょうか?

「行政書士の業務について何も書かれていない」
「本業と一体、何が関係あるんですか?」

実は、これこそが、

・記事のレベルを下げる
・読者の目線で記事を書く

だったわけです。

ホテルの朝食は基本的に”グルメ記事”です。確かに、そこには行政書士の業務もなければ、専門的な知識もありません。しかし、

まずは読者に自分の存在を知ってもらうこと

そのためには、マイナーな「行政書士」「許認可」といったキーワードで記事を書かない。逆にグルメ記事という”分かりやすいテーマ”で記事を書く。

(本業の宣伝という)意図して書いたものではありませんでした。しかし、結果として

読者目線の記事を書けていた

のです。そして、記事を書くために多くのホテルの朝食を訪れていたことが、

質の低い記事を書く努力をした

というわけです。

質の低い記事=悪い記事ではない

質の低い記事、というとネガティブなイメージを持たれるかもしれません。しかし、前述のとおり、

質の高い記事を書いてはいけない

のです。理由はこれも前述のとおり、

・独りよがりの内容になる
・読者が興味を持って読んでくれない

例えばTV番組をイメージされてください。基本的にTV番組の多くは、

・芸人同士の内輪受け話
・旅行、グルメ番組
・ペット番組

手堅く視聴率を獲得しようとした場合、こういった分野に絞られてきます。

逆に、

・大学の講義レベルの内容
・プロのアスリートによるトレーニング理論
・税金に関する詳細な解説

このような番組は確かに有益かもしれません。しかし残念ながらこういった番組は視聴率がとれません。理由は簡単で、

視聴者目線に立っていない

もしくは視聴者にとって”難しすぎる”からです。

もしこういった内容を見てもらおうとした場合、例えば、

・人気タレントに解説させる
・絵や映像を用いて、分かりやすく説明させる

こういった工夫が必要となります。単に”専門書を棒読み”では見てもらえないでしょう。即ち、

番組の質を下げる努力

が必要となってくるわけです。ただ、これを「質が低い」と批判するべきではありません。逆に「分かりやすい内容にする努力をしている」ということになりますよね。

ブログも同様です。

・より難しい記事=より専門的で優れた記事

ではありません。

・より簡単な記事=より分かりやすくて読まれる記事

です。そして、もしあなたがブログを読んでもらいたいと思った場合、後者に近づける。即ち、

記事のレベルを下げる努力

これをしなければならないのです。

多くのセミナーでは教えてくれない

実は多くのセミナーではこれを教えてくれません。理由は簡単で、

いい記事を書く努力=質の高い記事を書く努力

と教えてしまっているからです。そのため、多くの受講生が書くブログの内容は「難しすぎる」「読みたくない」といった内容になってしまう。

“元暴走族”セミナー講師の記事は何故、読まれるのか?

セミナー講師の中には「元暴走族」「元ホスト」といった経歴を売りにする人がいます。

実は、彼らの文章は”専門家より読みやすい”のです。何故かといいますと、彼らの多くはあまり高度な内容を知らない。そのため、

専門的な内容、あるいは行動な内容の文章が書けない

その結果、彼らがちょっと文章力を身につけたレベルが、

読者のレベルに”丁度いい”内容の文章に「偶然」なってしまっている

のです。

しかし残念ながら、彼らの多くはこの事実に気づいていません。それどころか、

「俺は高学歴な連中より文章が上手い」
「俺は有名なコンサルタントよりマーケティングを知っている」
「俺はエリートより頭がいい」

そして、講師よりも高学歴な人の文章が読まれない場合、

「お前は本当は能力がないんだ」
「世間知らずの頭でっかちには理解できないだろ」

とはいえ、実際に多くの人に読まれているわけですから……。これに反論するのは非常に難しい。

しかし、実際はそうじゃないんです。彼らの文章が読まれるのは「偶然」であって、意図して書いているわけではないのです。

逆にいえば、

彼らのレベルまで質を下げる”努力”をすればいい

そして、それは決して難しい事ではありません。何故ならレベルを上げるのは困難。あるいは不可能なこともありますが、下げること自体は不可能ではないからです。

一人では難しいですが……

とはいえ、この「レベルを下げる」というのは、1人でやるとなかなか上手くいかないという問題があります。実際に私自身、これをやるために何人かの方に試してみたところ、

「それでも難しい」
「いきなり聞いて分かる内容ではない」

こちらからすれば簡単に説明した内容、あるいは誰でも知っていると思っていた内容が、実は全く理解されていないということが多くありました。

そして何度も試行錯誤をしてみたところ、

「この内容はこのレベルまで下げないといけないのか……」
「これって全然伝わってなかったんだ……」

このような感覚が理解できるようになるまで、かなりの時間がかかりました。実際、自分では”かなりレベルを下げた”つもりでも実際には、まだまだレベルが高い。あるいは、

「これ以上レベルを下げると”素人”みたくなってしまうのでは?」

……そんなことはありません。実は多くの方が、“まだまだレベルが高すぎる”のです。しかし前述のとおり、レベルを下げること自体は難しい事ではありませんので。

では一体、どのくらいまでレベルを下げればいいのか…

その方法についてお伝えいたします。

今年を気持ちよく終えたい方へ

「ブログが書けるようになった」
「アクセス数が増えた!」

こんな形で、今年を気持ちよく終えていただけますと幸いです。そして、

来年も頑張ろう!

2020年、そして2021年を最高の形で終えたい方へ、ぜひお待ちしております。

講座内容

・記事の”レベルを下げる”努力とは?
・ブログが続かない”専門家のジレンマ”とは?

・アクセス数0の状態を脱出するには何を書けばいい?
・ブログ初心者に「ネットビジネス」をお勧めしない理由
・10年以上続くブログを書くコツとは?
・モチベーションが”ダダ下がり”の状態で何をすればよいのか?
・「まず100記事書け」の本当の意味とは?
・1記事に必要な文字数ってどのくらい?
・実績がない状態で何を書けばよいのか?

※講座内容は当日の受講状況により変更することがございます。予めご了承ください。

開催日、時間及び場所

開催日及び開催時間

2020年
12月17日(木)20:30~21:00(※無料セミナー)
12月18日(金)17:00~18:30
12月19日(土)16:30~17:00(※無料セミナー)
12月20日(日)13:00~14:30
12月21日(月)17:00~18:30
12月22日(火)20:30~21:00(※無料セミナー)
12月23日(水)20:00~21:30
12月24日(木)13:30~14:00(※無料セミナー)
12月25日(金)13:30~15:00
12月26日(土)17:00~18:30
12月27日(日)16:00~17:30
12月28日(月)10:30~11:00(※無料セミナー)
12月29日(火)20:00~21:30
12月30日(水)17:00~18:30
12月31日(木)17:30~18:00(※無料セミナー)

2021年
1月1日(金)21:30~23:00
1月2日(土)21:30~23:00
1月3日(日)21:30~23:00

開催場所

ZOOMによるオンラインセミナーとなります。
お申し込み後、ZOOM IDをお伝えいたします。

※受講の際は、予めZOOMにインストールを済ませておいてください。

最少催行人数、その他

・最少催行人数は1名~となります
・顔出しは不要、音声のみでも受講可能です。
・同一のパソコン、スマホで複数の方が受講される場合、追加料金はかかりません。

受講料

9,800円(※無料セミナーと記載の回は受講料がかかりません)

お問い合わせ後、有料回を申し込まれた方に対し、支払先をお伝えいたします。

レビュー割引

セミナー内容をブログ等でレビューいただける方は\9,800 → \5,800 となります。

下記お問合わせにて「レビュー割引希望」とご記載の上、お申し込みください。

お問い合わせ

メール info@higa-office.jp もしくは下記申し込みフォームより、

・受講希望日(例 2020年12月20日 等)
・レビュー割引希望の有無

を入力の上、お申し込みください。

受講申し込みセミナー・交流会参加取材依頼その他

PR【1日20分の作業で100PV獲得する方法とは?】

ブログの更新通知を受け取る