竹花貴騎という「いつもの」詐欺師

竹花貴騎氏「カリスマ社長の虚実」 対談の石破茂氏も広告塔批判で「大変遺憾」、サイト掲載企業はJ-CAST取材に「契約の認識ない」

IT企業の社長を務める竹花貴騎氏をめぐり、インターネット上で騒動となっている。  経歴や経営実態にまつわる「疑惑」が浮上し、”広告塔”となった著名人らが対応に追われている。 【画像】竹花氏とサッカー・槙野智章選手の対談動画

■27歳にして「資産100億円超え」
竹花氏は、若くして名を馳せた実業家として知られてきた。

自身が公表したプロフィールや取材記事によれば、スペイン語、日本語、英語の3ヶ国語を操り、ハワイ州立大学卒業後、グーグルに入社。23歳で東証一部上場グループの最年少COO(最高執行責任者)を務め、リクルートホールディングス戦略室を経て17年にSNSマーケティング会社「Lim」を設立した。18年12月のリリースでは、「設立1年半ですでにライザップやソフトバンクなどの大手を始め7500社の集客実績を叩き出す」とアピールしていた。

主催する有料オンラインサロン「MUPビジネスカレッジ」の会員は数万人を誇り、”日本最大級のオンラインビジネススクール”と自称する。27歳にして資産は100億を超える。

篤志家の顔も持つ。竹花財団を立ち上げ、カンボジアで日本語学校の運営や、スラム街で暮らす子供たちの支援も行う――。

しかし2020年10月ごろから、経歴や経営実態を偽っているとの疑惑がSNS上で相次ぎ、複数のネットメディアや週刊誌で取りざたされた(デイリー新潮「ビジネス系ユーチューバー『竹花貴騎氏』 大炎上が連鎖した背景とは?」、プレジデントオンライン「『Google出身で資産は100億円』ビジネス系YouTuberはなぜウソをつき続けられたのか」)

竹花氏のサロン会員によれば、サロン内で疑惑の一部を認め、「今回の件で情熱だけではなく、コンプライアンス意識も、もっと持つべきだったと深く反省しております」などと謝罪したという。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/fa63634e64799884f4d273c1f019a005b9955526

ネット上で竹花貴騎という人物が話題になっています。「Google出身」を名乗り、若くして成功したカリスマとしてYouTubeやオンラインサロン等で大金を荒稼ぎしていたようです。他にも篤志家として大金を寄付していたり、さらには大物政治家をはじめとする様々な有名人とも対談…

しかし、実際にその華麗な経歴は全て嘘のようです。海外にある豪華な別荘も、実は7万円で借りられる「貸別荘」である、との指摘がされていましたね。

この手の「胡散臭い人物」は初めてではない

実は、彼のように大手企業で認められ、その後、コンサルとして活躍といった経歴を引っ提げて多くの人々から金を巻き上げる「自称成功者」は今回が初めてではありません。実は過去にも似たようなケース、あるいは人物が多く表れ、そして消えていきました…

久保田武蔵

・総合格闘技世界4冠王者
・61戦55勝0敗1引き分け5無効試合
・2011年9月に日本人初の総合格闘技米国殿堂入り(MMA Hall Of Fame)

の肩書を名乗り、2007年からこどもチャレンジの運動のお兄さんを務め、館山市から「館山エンタメ大使」として委嘱を受ける等して活躍した。また、多くの人気ブロガーやビジネス書の著者のゲストとしても登場。格闘家として夢を叶える方法を伝える。

プロフィール写真では王者ベルトを巻く姿がアップされていたが、全て通販で購入できるものであったことが発覚。また、海外の試合で「控室」の写真がアップされていたが、日本のビジネスホテルの一室で撮影されていたことも後に判明した。

格闘技の経歴詐称が疑われた後、マフィアが運営した「力自慢コンテストレベルの小さなイベント」で優勝しただけであり、正式な記録ではなかったことを認めたものの、こどもチャレンジの運動のお兄さんの経歴としては、やや不健全な経歴と思われたのか、のちに契約を解除されている。

塚本簾

・元暴走族
・高等専門学校(高専)卒業後、日立製作所に勤務。
・その後、東大に入学し、17の会社を立ち上げる学生起業家

として注目される。そして東大卒業後、イスタンブール大学院の大学に入学したと発表。

しかし実際は経営している会社が1社もなく、学歴も経歴も全て詐称であったことが発覚。後に自ら経歴詐称を認め、実際の経歴は中卒の元暴走族だと明かす。

ただ、その後、実際は文教大学の学生であり、2度目の学歴詐称に加え、元暴走族であったという経歴にも疑問の声が上がっている。

ショーンK

・テンプル大学でBA(学位)
・ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得。
・パリ第1大学パンテオン・ソルボンヌに留学

さらに、

「ニューヨークに本社を置き国際的な経営コンサルティングとプライベートエクイティ投資を業務内容とするブラッドストーン・マネジメント・イニシアティブ・リミテッドを設立し社長に就任。ヨーロッパやアジアの国や地方自治体のためのアドバイザリー業務に従事している」

との経歴を引っ提げ、TVには「ショーン・マクアードル川上」の名で出演。

しかし、後に学歴も経歴も詐称していたことが発覚。本人曰く「「父がアメリカと日本の半分、母が日本と台湾の半分」と語っているが、実際は純粋な日本人らしい。

正田圭

・15歳で起業、19歳で事業売却
・23歳で年商35億(※後に倒産)
・現在は2〜3桁億円をメインとしたM&Aコンサル会社を経営

脱社畜サロンという会員3000人のオンラインサロンの運営者の1人(他の2人はイケダハヤト、はあちゅう)。

オンラインサロン上で、「2〜3桁億円をメインとしたM&Aを手掛けた場合、かなり大きなニュースのはずであり、名前が全く出てこないのはおかしい」との指摘を受け、のちに経歴を盛っていると認める。

ただ、それ以外の経歴は今のところ、真偽の程を明らかにしていない。元サロン会員によると、「35億円の会社が倒産」となれば何らかの場所に情報が記載されているはずだが、今のところそれは見つかっていないらしい。

竹花貴騎

・Google出身
・インスタグラム集客ツールを販売
・27歳にして「資産100億円超え」
・取引先は約1万6000社
・海外に別荘やプライベートジェットを保有
・竹花財団を設立し、アジアの恵まれない子ども達に対し、慈善活動を行っている

YouTubeチャンネル登録者数37万人を超え、自身のビジネススクール「竹花貴騎MUPビジネスカレッジ」を立ち上げるも、上記の経歴詐称が発覚。

この手の詐欺は、結局なくならない

今回の経歴詐称により、彼が再起不能になった。場合によっては、自ら命を絶ったとします。

では、騙された側にとって、それで満足なのでしょうか?残念ながらそうはならない。

一度支払ってしまったお金は容易に戻ってこないでしょう。そして、

また再び、同じような事をする人間が現れる

騙す人間だけではありません。騙される側、即ち、

「自称成功者」に大金をつぎ込み、そして裏切られる人

中には「いい加減学習しろ!」という人がいるかもしれません。しかし、特に若い方の多くはいずれの場合も「初めて見た人」であり、過去の事例から騙されないよう学習機能を身に着けることは容易ではありません。

とはいえ、やはりこういった人物が常に世の中にいて、そして今度も現れ続けることは知っておいて欲しい。一見斬新な方法。あるいはセンセーショナルな登場によって多くの人の注目を集めたとしても、

結局、やっている事がいつもと同じ

なのです。

PR【1日20分の作業で100PV獲得する方法とは?】

ブログの更新通知を受け取る