防災マップ間違いだらけ(!?)あなたの街は大丈夫?

防災マップ間違いだらけ 秋田市、更新怠り平謝り https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000026-asahi-soci 秋田市が3月、市内14万戸に全戸配布した洪水ハザードマップのうち、北西エリア版(4万部)と中央エリア版(9万部)に計42カ所、誤った記載があることがわかった。エリア内の幼稚園や医療機関などの施設のデータを、2年前から更新せずに使っていた。市は平謝りで、修正版との交換に応じている。 更新前のデータと現在のデータの違いとは? 今回の問題の発端は、2年前の更新していないデータを基にハザードマップを作成したことでした。 間違っていたケースとしては、 ・認定こども園「山王幼稚園・保育園」を、以前の「山王幼稚園」や「山王幼稚園附属さんさん保育園」と表記 ・閉鎖した婦人科や産婦人科のクリニックやデイサービス施設を記載 ・施設の所在地が違う ――など、北西エリア版で9カ所、中央エリア版で33カ所の間違いが見つかった。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000026-asahi-soci 紙媒体は100%正確ではない このマップは、市内を流れる雄物川などが大雨で氾濫(はんらん)したときの浸水想定区域を、水深に応じて色別に表したもの。国が昨年夏に想定区域を見直したのを受け、市は同年10月、マップを作り直す作業を開始。そして920万円をかけて、市内5エリアと市全図の計6種類のマップを計15万部刷り、10年ぶりに全戸に配った。 [...]