「何をすればいいか?」を教え、そして書き手を育てるのは教える側の義務です。

多くの方が「ブログが続かない」「ブログが書けない」と考える理由として「成功体験を書かないといけない」「人から尊敬されるようなブログを書かないと読んでもらえない」と思い込んでいる、そういった勘違いが挙げられます。実は成功体験を書く必要はありません。ブログのテーマはごく簡単な内容で大丈夫ですし、特別な実績も必要ありません。「まず何を書けばいいのか?」について、その考え方と根拠についてお伝えいたします。

Learn More
Get A Quote

多くの人に読まれるブログに必要なのは「実体験に基づいた内容」です。そのために必要なのが「フィールドワーク」です。10年文章塾で実践しているのが「一人では訪れにくい場所」「普段、なかなか足を運びにくい場所」に敢えて訪れ、それをブログに書く企画をセミナー、あるいは塾生の発案で行うという方法です。この内容には実績も肩書も関係ありません。どんな人でもそれを書くことで多くの人に読まれ、そしてその内容は実績として積み上げられていきます。

Learn More
Get A Quote

「一つの文章を様々な切り口で書く」。これがブログを継続していくうえで欠かせないポイントです。あまり反響のよくなかった文章が、ちょっと切り口を変えただけでものすごい反響を得たというケースは決して珍しくはありません。また、他人に見てもらうことで自分自身では気付かなかった視点を得る。これによって面白い記事に仕上がる、ということも多くあります。一つの文章、あるいは一つのテーマであっても実は「同じだけど違う」のです。

Learn More
Get A Quote

ある程度まとまった記事数になったらやるべきこと。それは「作品化」です。電子書籍をはじめ、あるいは文章を音声にする。あるいは文章の内容を映像化し、動画サイトにアップする。様々な方法で情報を発信することで様々な可能性が開けてきます。そしてそれは一人だけで行うとは限りません。文章塾の参加者同士でコンテンツを共に作成する。そんなプロジェクトを立ち上げてみても面白いかもしれません。

Learn More
Get A Quote

読まれるブログ、それは読者「の大切な人」のために…

PURCHASE AVADA

「特別な日」をテーマに書く

例えば飲食店のブログを書くとした場合、「高い」「(行くのが)面倒くさい」。多くの人はそのような理由で書きません。しかし自分にとってはそうでも他人にとってはどうでしょうか?例えば「結婚記念日」「誕生日」。そんな日に必要な情報を書く。そんなための情報を書く。それが実は「読まれるブログ」の書き方です。

現場第一主義

「何を書くかが重要ではなく」「誰が書くかが重要」。このように書くと多くの場合、成功ノウハウを書く話のように思ってしまいます。しかし重要なのは「男性がディズニーランドに行く」「女性が牛丼屋に行く」。そのような「ギャップ」体験が「読まれる」文章です。しかし一人で行くのはハードルが高い…もちろん、そのような企画もサポート致します。

誰に、どう見せるか?

目的はあくまでも「読まれる」ことです。必ずしも自分に興味のない内容でも「相手にとって興味があるかどうか?」で考える。その結果、思いもよらない反応が得られる。この反応を得るため様々なことを考えるのはとても楽しいことです。「10のコンテンツを1の視点で」よりも「1のコンテンツを10の視点で」。そして作品発表後も「様々な分野で」。

実績も肩書も必要ない。ただ貴方の気持ちを伝えるために…

成功体験を書く必要はありません。ブログのテーマはごく簡単な内容で大丈夫ですし、特別な実績も必要ありません。「まず何を書けばいいのか?」について、その考え方と根拠についてお伝えいたします。

10年文章塾に過去の実績は必要ありません。一人では訪れにくい場所の情報を「足で稼いで」書く。なぜなら読まれる文章は、読者本人よりも「読者の大切な人」のために書かれた情報だからです。

文章のプロと素人の違いは「同じ文章を違う視点で書けるかどうか」です。成功体験の有無は関係ありません。独りよがりの文章は、いくら素晴らしい成功体験があっても所詮、素人の文章です。

「文章のプロは文章で表現すべき」。そうでしょうか?そこに絵があり、映像があって初めて表現が「完結」するとすれば…当然ですがそれは積極的に活用すべきです。そこに多くの可能性が生まれます。

10年文章塾へ申し込む

申込みフォームはこちら↓↓

申込フォーム