Photography

/Photography

文章には「狩猟型」と「農耕型」が存在する。

,

狩猟型文章とは? 多くのセミナー、あるいは書籍で教えられているのが、この「狩猟型文章」です。 ・セミナー講師と仲良くなる ・セミナー講師から「お膳立て」をしてもらう。 例えば有名なセミナー講師の伝手(つて)で、そのセミナー講師のメルマガに自分をPRしてもらう。 そうすれば自分もセミナー講師として、成功の「パスポート」が掴めるのではないか...多くの人がそう考えますよね? ところが現実なかなかそう上手く行きません。 上手く行かない理由は2つあります。 1つは、そのメルマガの読者が、関心があるのは、あくまでセミナー講師「自身」だということです。 せっかく貴方が紹介されたとしても、多くの読者にとっては「誰?」という感じなんですよね。 その結果、 「せっかく紹介してもらったにもかかわらず、成果に結びつかない」 例えば有名講師のお墨付きをもらって、セミナーをやろうと思っても、全く集客に結びつかないのです。なぜなら、そのメルマガを見た読者の大半は貴方に興味がないからです。 さらにもう一つ、これが重要なのですが、 「メルマガの紹介は基本的に1回のみ」 当然ですが、セミナー講師のメルマガは貴方の所有物ではありません。 最初の1回くらいは「お付き合い」で配信してくれるかもしれません。 しかし、 ・自分と全く関係のない他人を紹介する このようなメルマガの配信を何度もやってくれる人は、まず存在しません。 そもそも読者にとって、あなたは「興味の対象外」であるのが普通です。 メルマガは基本的に、反響率の高いツールではあるのですが、それもしても、1回で全てが決まるケースは決して多くありません。 にもかかわらず、その「よそ者」のあなたの情報が、その1回で全て完結する確率は...残念ながら非常に低いと言わざるを得ません。 では、 「1回じゃ少ない。もう何回か配信しろ」 こういう要求をセミナー講師に対して貴方はできるでしょうか?まず無理ですよね。 結局のところ、 「セミナー講師に借りを作るだけ」 これで終わってしまう。 セミナー講師の「メルマガ枠」をお借りするまでに一体どれだけの「努力」をされたでしょうか? 多額の受講料をお支払いされた方もいれば、あるいはその方とプライベートなお付き合いもした方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、実際、それに見合った成果を上げるのは非常に難しいのが現実なんです。 Visual A Visual B Conceptual Design Samples [...]

板挟みの「板」をそっと引く勇気

,

いわゆる成功セミナーに通い、成功者を目指す人の多くが抱えているであろう問題、それは何かといいますと、   板挟み   です。   高額なセミナー受講料を支払い、セミナーに通う。 すると家族からはこのように言われるのではないでしょうか?   「胡散臭い」 「騙されている」   一方、セミナーにおいて、セミナー講師からはこのように言われる。 「家族はあなたの成功を邪魔しようとしている」 「成功したければ付き合う人間を変えるべきだ」   どちらの意見を尊重すべきでしょうか? 結論から申し上げます。   家族   です。 なぜならセミナー講師は基本的に「赤の他人」です。 あなたが成功するかどうかは正直、関係ありません。 もっといってしまいますと、   あなたが成功しなくても別の人が成功すればそれで構わない。   のです。   あなたが「板挟み」で苦しんでいるのは、実はあなた自身のみであって、セミナー講師自身はその苦しみを全く理解してくれていないのです。   おかしな話ではないでしょうか?   もしもあなたが家族とセミナー講師との板挟みに苦しんでいるというのであれば、 ・家族 ・セミナー講師 どちらか一方の板を外す必要があります。   仮にあなたがものすごい成功をしたとします。何不自由ない生活が出来るほどの大金を手にしたとします。 あなたのセミナ通いを不審の目で見ていた家族の「板」を外すことはできるかもしれません。   しかし、その家族に対し、 「今まで俺をバカにしやがって」 「土下座して謝れ」 「お前らには一銭も恵んでやらねーからな」   果たしてこれが、あなた自身が望んでいた「成功」でしょうか?   家族と共に成功し、幸せを分かち合いたい。   それがあなた自身が望んでいた本来の成功の姿ではないでしょうか?   10年文章塾ではむろん、皆様に「読まれ続ける」ブログを書いていただくことが前提です。 しかし、絶対に守っていただきたい事があります。 [...]

成功者も1人の人間です

,

「成功者」 あなたはこの言葉に惑わされている。あるいは特別な先入観を抱いてはいないでしょうか?   成功者だって1人の人間なんです。   例えば「年収○億円」「世界的な知名度を誇る」。そのような人であっても、例えば「犬が好き」「痩せたい」「どの自転車を買おうか迷っている」。   そんな人が一生懸命調べている情報は何でしょうか? 当然ですが「犬の動画」であり、「ダイエットのノウハウ」であり、そして「自転車の情報サイト」です。   即ちあなたが文章をもって、継続して伝える情報はそのような「ごく普通の情報」。 決して「成功者に学ぶ」と称し、彼らに媚びへつらった内容である必要など全くないのです。

「信者」にならないために

, ,

ある成功者と呼ばれている方を熱狂的に支持する。 それは必ずしも悪いこととは限りません。   が、それによって周囲が見えなくなる。周囲からは「なんか世間と感覚がズレてないか?」と言われても、 「周囲の雑音に耳を傾けるな」 と、成功者本人から言われるとその「教え」が正しいと思ってしまう。   果たして本当にそうでしょうか?   成功者を1人の人間とみることで、 「この人は良いところもあれば悪いところもある」 そのくらいの距離感で付き合うことで、多くの人と良好な関係を継続していくことが出来ます。   そのためには継続して文章を書き続けることで、   「様々な視点を通して物事を見る」   これは非常に重要な事なのです。

「普通の」成功者を狙え

, , ,

「普通の成功者」と、というと語弊があるかもしれません。 しかし、自己啓発セミナー等でこのような方をよく見かけないでしょうか。 「高級車」 「高級マンション」 「高級アクセサリー」 このようなものを見せびらかし、自分のセミナーに参加すればこのようなものを手に入れる収入が約束される、といった謳い文句を喧伝する。 基本的にそのような人達は「狼の皮を被った羊」。即ち「自分を強く見せないといけない」人達なので、彼等とまともに付き合ったところで「普通の」あなたにメリットはありません。 それよりも「羊の皮を被った狼」即ち「一見普通の」成功者と付き合うべきなのです。