Logo Design

/Logo Design

文章には「狩猟型」と「農耕型」が存在する。

,

狩猟型文章とは? 多くのセミナー、あるいは書籍で教えられているのが、この「狩猟型文章」です。 ・セミナー講師と仲良くなる ・セミナー講師から「お膳立て」をしてもらう。 例えば有名なセミナー講師の伝手(つて)で、そのセミナー講師のメルマガに自分をPRしてもらう。 そうすれば自分もセミナー講師として、成功の「パスポート」が掴めるのではないか...多くの人がそう考えますよね? ところが現実なかなかそう上手く行きません。 上手く行かない理由は2つあります。 1つは、そのメルマガの読者が、関心があるのは、あくまでセミナー講師「自身」だということです。 せっかく貴方が紹介されたとしても、多くの読者にとっては「誰?」という感じなんですよね。 その結果、 「せっかく紹介してもらったにもかかわらず、成果に結びつかない」 例えば有名講師のお墨付きをもらって、セミナーをやろうと思っても、全く集客に結びつかないのです。なぜなら、そのメルマガを見た読者の大半は貴方に興味がないからです。 さらにもう一つ、これが重要なのですが、 「メルマガの紹介は基本的に1回のみ」 当然ですが、セミナー講師のメルマガは貴方の所有物ではありません。 最初の1回くらいは「お付き合い」で配信してくれるかもしれません。 しかし、 ・自分と全く関係のない他人を紹介する このようなメルマガの配信を何度もやってくれる人は、まず存在しません。 そもそも読者にとって、あなたは「興味の対象外」であるのが普通です。 メルマガは基本的に、反響率の高いツールではあるのですが、それもしても、1回で全てが決まるケースは決して多くありません。 にもかかわらず、その「よそ者」のあなたの情報が、その1回で全て完結する確率は...残念ながら非常に低いと言わざるを得ません。 では、 「1回じゃ少ない。もう何回か配信しろ」 こういう要求をセミナー講師に対して貴方はできるでしょうか?まず無理ですよね。 結局のところ、 「セミナー講師に借りを作るだけ」 これで終わってしまう。 セミナー講師の「メルマガ枠」をお借りするまでに一体どれだけの「努力」をされたでしょうか? 多額の受講料をお支払いされた方もいれば、あるいはその方とプライベートなお付き合いもした方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、実際、それに見合った成果を上げるのは非常に難しいのが現実なんです。 Visual A Visual B Conceptual Design Samples [...]

塾生と共にブログのネタを作る

, , ,

10年文章塾で最も力を入れていること。それは何かといいますと、   ワークショップ   多くの文章塾においてはこのように言われます。   「(文章を読まれたければ)実績をアピールしてください」   ブログセミナーをやるセミナー講師の経歴の多くは非常に華やかなものです。 ・年収〇倍アップ ・トップセールス ・元CA。世界中のVIPをもてなした。 ・元新聞記者。数々の大物政治家や芸能人にインタビュー。 このような肩書を引っ提げ、ひたすら自分の自慢話に終始する。 そしてそのような肩書に目を付けた受講生がいる。あるいはメディアが注目される。   セミナーはいつも「即日満席」。そして気付けば出版。そしてTV出演...   彼らにしてみれば、 ・実績なんてあって当たり前 ・熱心なファンがいて当たり前   要するに、   何を書けばいいか分かってて当たり前。   では、多くの方はそうでしょうか?   ・これから実績を作ろうと思って来たのに。 ・ここで人脈を作って実績は作れないのか? 参加者の多くはそんな言葉が喉から出かかっています。   即ち、   何を書けばいいのかわからない。   しかし、言えない。 もしそんなことを言ってセミナー講師にヘソを曲げられてしまったら大変ですから。   「ここでセミナー講師に嫌われたらどうしよう」 「せっかく大金を払って参加したのだから」   せっかくセミナー講師と仲良くなって、あわよくば自分がセミナー講師の「お友達」としてセミナー講師デビューのチャンスを掴めるかもしれない。 あるいはそこで名刺交換をした相手から仕事をもらえるかもしれない。そんな状態で、   「実績なんかあるわけねーだろ」 「そんなものあったら最初からこんなとこ来ねーよ」 「一体何しにココに来たと思ってんだよ」 「バカヤロー金返せ」   そんな批判が出来るでしょうか?出来ないですよね。   しかし実際はそうなんです。 「実績なんかない」 「これから実績を作らなければならない」 [...]

家族や友人に伝えられる内容であって欲しい

, ,

自分自身の体験を伝えてください。 10年文章塾に参加していること、そんなことよりもずっと大事なことがあります。それは何かといいますと、   「自分が最も大切にしている人に何を伝えるか?」   多くのブログセミナー、あるいは文章塾を受講されている方はご自身のブログ、あるいはSNS等でこのように伝えられています。 「私は(自己啓発セミナーの)〇〇塾の塾生です」 これを人前で堂々と言える人はあまり多くありません。 とりわけ家族や友人に言った場合、こんな反応をされる方、多いのではないでしょうか? 「胡散臭い」 「騙されてんじゃないのか?」 とりわけ「高額セミナー」と呼ばれているもの、例えば受講費が1回数十万、あるいは100万円を超える場合、どうでしょうか? もし成果が出なかった場合、「詐欺じゃないのか?」と疑われても文句は言えません。   本人はともかく当事者以外の第三者から見た評価などそんなものです。   10年文章塾に参加された方に、絶対に約束して頂きたいことがあります。 「身近な方を一番大切にしていただきたい」   多くの自己啓発セミナーではこのように教えられます。 「成功したければ付き合う人間を変えろ」 「あなたが成功しようとするとき、家族は足を引っ張ろうとする」 これは大きな誤解です。   あなたにとって最も大切な存在は、   「セミナー講師よりも家族や友人」 です。   家族や友人を捨てて、セミナー講師と共に成功、なんてことを考えてはいけません。 そのような人に待っているのは、 「成功しても何か満たされない人」 「本当の意味で幸福でない人」   そのような人が「普通の」人に対し、どのように接するでしょうか?」   「普通の幸せが許せない」 のです。   そのような「自称」成功者にとって、実はあなたは 敵 です。 そんな成功者にあなたはなりたいでしょうか?   私が一番に伝えたい事、 「お金持ちにさえなれば家族なんて黙って付いてくる」 「自分をバカにしていた家族を見返すのは成功しかない」 そのような幻想をまず、捨てて頂きたいということです。   そしてそのような幻想を抱かせ、自分自身の満たされない心を無理やり満たそうとするセミナー講師とは絶対に付き合ってはいけないということです。   「ホテルの朝食に行った」 「1000円でも工夫次第でこんなに楽しい体験が出来る」 そんな小さな体験を、まずは最も大切な方と共有して頂きたい。 そしてその体験を、多くの方に伝えて頂きたい。 [...]

「信者」にならないために

, ,

ある成功者と呼ばれている方を熱狂的に支持する。 それは必ずしも悪いこととは限りません。   が、それによって周囲が見えなくなる。周囲からは「なんか世間と感覚がズレてないか?」と言われても、 「周囲の雑音に耳を傾けるな」 と、成功者本人から言われるとその「教え」が正しいと思ってしまう。   果たして本当にそうでしょうか?   成功者を1人の人間とみることで、 「この人は良いところもあれば悪いところもある」 そのくらいの距離感で付き合うことで、多くの人と良好な関係を継続していくことが出来ます。   そのためには継続して文章を書き続けることで、   「様々な視点を通して物事を見る」   これは非常に重要な事なのです。