Project Description

「対面式」で直接指導いたします

基本的に10年文章塾はオンライン形式が基本です。

しかしこれまで指導した方の中で、

「実際に会って直接指導を受けたい」

そういったリクエストをいくつか頂きました。

コンサルタントよりマネージャー

ビジネス書。あるいはビジネスセミナーで一定のスキルを習得している。

そういった方にとって必要なのはさらなるスキルの向上ではありません。
そして、そういった能力を向上させてくれる、いわゆる「コンサルタント」ではないのです。

マネージャー

・自分の能力を、より多くの人に。
・自分の能力を、今までとは違った形で。

そんな形で自分と付き合ってくれる。

小難しいビジネス用語を並べ立て、自分に尊敬を要求するような、そんな「コンサルタント」は必要ない。

クライアントではなくてタレント。

コンサルタントではなくてマネージャー。

そんな関係でお付き合いしていくのが、この「個別指導です」

>>対面指導コースへ申込む

本当に必要なのは「自信」です

一定の文章の書き方についてお伝えする。

もっといってしまいますと、

「別のセミナーやビジネス書等で、既に文章力を身につけている」

そのような方にとって、

「一から文章の書き方を教わる必要はない」

のです。
では、そのような方にとって一体、何が必要なのでしょうか?

それは文章力ではありません。

「自信」

です。

「これを書いて大丈夫なのだろうか?」
「このテーマにニーズはあるのだろうか?」

そのような気持ちに対して、

「賛成します」
「ぜひ、書いて欲しい」

そのような「声」が欲しい。そしてそのような声を拾うことで、

「自信」

を手に入れたいのです。
だとすれば、その能力を伝えるために、一緒に考えて行くべきことは、

「フィールドワーク」

例えば、

「どんな場所で、どうやって伝えれば、あなたの能力が伝わるか?」
もしあなたが「サッカーの能力を伝えたい」とします。だとすれば、

「甲子園の出場実績をアピールすれば一発なんですけどね~」

…なんてマヌケな「コンサル」は致しません。

「実際にサッカーの練習にお付き合いしましょう」

そして、

「素人が実際に指導を受け、どれだけサッカーが上達するか?」

そんな動画を作成し、ブログにアップする。そういった作業を行う。
これこそがマネージャーの仕事。

そして、何より、

「もったいないですよ」

そう言われた方々が、何よりも必要としている、

「実績を作る」

それではないでしょうか?

>>対面指導コースへ申込む

このエントリーをはてなブックマークに追加

【全8回】無料メールセミナー / 「実績のない人普通の人」が、読まれるブログを書き続けるには何を書けばよいのか?
10年文章塾無料セミナー
お名前  *
メールアドレス  *
【10年文章塾に申込む↓↓】

お問合せは o44-988-8859
比嘉行政書士事務所(ヒガギョウセイショシジムショ)宛。
e-mail info@w-plusweb.net

【電子書籍出版致しました】