Project Description

スキルはそれほど必要ない

私自身、ライターとしての経験は0でした。

一応、セミナーで知り合った方の付き合いで「セールスレターの書き方」みたいなセミナーに何度か通ったことはあり、そういう意味では「ライター養成塾」の出身といえば出身なのかもしれません。

しかし、自分でいうのもなんですが、

「文章の構成力に関しては合格レベル」

この手のセミナーでは大体、講師からそのように言われてしまうので、基本的にあまり意味はなかったです。

というわけで、ライターに必要な文章レベルとしては、

・大学受験の小論文レベルで全く問題なし

加えて文章を書くには国語(現代文)以外の分野は基本、必要ありません。(※外国語の文章を書く場合や翻訳は除く)

したがって、

・ビジネス書を日頃読んでいる
・2000字程度の内容を100字程度に要約できる

能力としてはこれで十分です。一般的な大学受験の現代文の能力で「合格レベル」です。

スキルよりも求められる「実績」「差別化」

では、文章が書ければ。それこそ大学受験で現代文が得意。もっといってしまえば「高学歴な人」はいきなりライターになれるのでしょうか?

残念ながらそれは難しいと思われます。なぜかというと、

・誰でも出来ることをいちいち頼んだりしない

からです。

結局のところ、

「その人にしか書けない」

そんな内容を求めるからです。

例えば野球について記事を書くとした場合、

「野球経験0の野球オタク」
「甲子園出場経験のある元高校球児」

どちらに記事を書いてもらいたいでしょうか?当然ですが後者ですよね。

それは単なる技術論にとどまらず、強豪校の練習、あるいはレギュラー争いの厳しさ、地方予選では負けることができないというプレッシャー。

そういった経験を伝えてもらいたい。そういう意図があるからです。これは経験者にしか書けない内容です。

経験や実績は今からでも作れる

では実績のない人、特別な経験のない人は何も出来ないのでしょうか?これは大きな誤解です。

多くの人が、

「実績=過去の実績」

そう思っていないでしょうか?だとしたらそれは大きな間違いです。

むろん、過去に素晴らしい実績があり、それを引っ提げて様々な媒体で記事を執筆するのは悪いことではありません。

しかし、

「自分は実績がないから」
「未経験だからどうせダメ」

これは大きな間違いです。

なぜなら、

「今から作れる実績があるから」

です。

混雑していない場所に並ばない「裏技」は存在するか?

例えば繁盛している飲食店があったとします。

当然ですが混雑しており、ピークの時間帯には並ぶ必要が出てくるかもしれません。

だとしたら、

「並ばない時間帯はあるのか?」
「(並ぶのは)何分までが許容範囲か?」

コレを調べることは可能ですよね。ここに過去の実績は必要ありません。

「〇時~〇時までは10分くらい並ばされる」

これを見て、

「10分くらいなら行ってみるか」

そのような情報を提供できれば「合格」です。

これは他のブログには書いていない「あなただけの情報」。したがってあなたのブログを読もうとアクセスが集まる。

即ち、この情報は貴方自身が、

「足で稼いだ情報」

なのです。

他にもないでしょか?

「現場の状況を知りたい」
「自分が訪れるのはちょっと面倒だ」
「行けそうで行けない場所」

その場所を、もしあなただけが訪れ、そしてその情報を提供していたとしたら…

成功者よりも〇〇に学べ

ブログを書こうとする人の多くは「成功者」に学ぼうとします。

「年収○倍アップ」
「幸せな成功者」

しかし特別な実績のない人が学ぶべきはそんな人の「自慢話」がない以上、真似ができません。

では、何に学ぶべきなのか、それは、

新聞記者

です。

もしあなたがライターを目指すとしたら、

「個人新聞」

そんなものを作るつもりでブログを書いてもらいたいと思っています。

・新聞には載ってない
・ネットにも配信されてない
・それでも見た人が思わず足を運びたくなる
・それでも見た人が思わず試したくなる

そこに書いた人の実績は必要ありません…ではなくて、

その人が書き続けた内容の積み重ねがやがて実績となっていく。

朝早起きして、ホテルの朝食を訪れ続けた

私自身の「実績作り」はホテルの朝食でした。

・朝、早起きしてホテルの朝食を訪れる。

別にホテルで勤務した経験があるわけでもない。

あるいはそれをやれば実績になるとか、そういう考えがあったわけでもない。

しかし、それを継続しているうちに、

「なんかそれに詳しそうな人」

そういう周囲の評価がいつの間にか出来上がっていた。

特別な実績があるからそこへ行けたわけではありません。あるいはそこで実績をアピールしたわけではありません。

何もなくても、行動は出来ます。そして実績だって作れます。

「ホテルの朝食へ行ってきた」

10年以上、そして100回以上今も続く朝食会だって、そんな世間話からのスタートです。

初めての仕事も、みんなこの「備忘録」ブログからでした。一人でコツコツ書いていた記事が、

「ちゃんと実績になっていた」

のです。

あなたに経験は「ある」

繰り返し申し上げます。

もしあなたがライターを目指すとしたら、

「個人新聞」

そんなものを作るつもりでブログを書いてもらいたいと思っています。

そしてあなたはその新聞の記者として「足で稼いだ情報を」伝える。

それがあなたの実績です。

そしてその実績が伝え続ける。

ライターになるのに経験が必要かどうかではなくて、

経験はなければ作るもの。

あなたに

「経験はある」

のです。

あなたを「実績のある」ライターとして

「文章の書き方」を教えるライター養成講座は多く存在します。

しかし、

・受講生に実績を与える
・投稿先に「実績あり」として応募できる

そういった状態で「卒業」できる講座は他に存在するでしょうか?

多くの「ライター志望」の方が抱える問題。即ち、

「実績がないから応募できない」
「応募できないから実績ができない」

いつまで経っても進めないのです。

実績の作り方を教えます。

この講座を受講することで、

「要実績」
「審査あり」

そのような応募先に対しても、自信をもって応募できるようになります。

単に「いい文章が書けます」というものではありません。

このライター養成講座で、実践的な体験を積むことで、

「この内容を、ぜひご覧ください」

このように堂々と、自信をもって応募が可能です。

未経験の状態から「審査あり」のサイトで「ライターデビュー」

現在、連載中の記事です。

高速バス・夜行バスの格安・最安値予約情報ならバスサガス
http://www.bus-sagasu.com/blog/author/higakouji/

ちなみにこのサイトは「審査あり」です。

豊富な旅行経験、もっといってしまえば旅行関係の雑誌で執筆をされていたり、あるいは著者の方も大勢いらっしゃいます。

そういった中で、

未経験でライターデビュー

普通に考えれば「ありえない」ですよね。

しかし、このライター養成講座のノウハウがあれば、それはけっして「難しくない」のです。

なぜなら、

・実績はこれから作れる
・講座終了後は「実績ある」ライターとして応募可能

だからです。

なぜ「実績ある」ライターとして応募可能かといいますと、

応募先が欲しい情報が提供できている

これだからです。

実績、というと、つい「成功体験」みたく思われる方が多いのではないでしょうか?

しかしこれは大きな誤解です。

「応募先が求めている情報であれば、ごく普通の人で全く問題ない」

したがって未経験の人でも大丈夫。

実績はこれから作っていきましょう。

そしてこの講座を修了した後、あなたは「実績をアピールして」ライターとして応募出来る喜びを感じられるはずです。

経験0から「実績ある」ライター養成講座 受講価格

オンライン指導 9800円 / 月

【お問合せ先】
TEL:044-988-8859 比嘉行政書士事務所宛
e-mail info@higa-office.jp
申込フォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

【全8回】無料メールセミナー / 「実績のない人普通の人」が、読まれるブログを書き続けるには何を書けばよいのか?
10年文章塾無料セミナー
お名前  *
メールアドレス  *
【10年文章塾に申込む↓↓】

お問合せは o44-988-8859
比嘉行政書士事務所(ヒガギョウセイショシジムショ)宛。
e-mail info@w-plusweb.net

【電子書籍出版致しました】