Project Description

ダイエットは辛くはない

多くの方が勘違いしているのが、

「ダイエットは毎日継続しなければならない」

厳しい食事制限であったり、エクササイズであったり…そういったものを毎日継続しなければならない。

そして、一日でもエクササイズを怠ったり、あるいは食事制限を破ったら全てが台無しになってしまう…

そのような恐怖心から、

「いつまで続くのだろうか?」
「失敗したら「ダメな人間」と思われたりしないだろうか?」

そのような恐れがダイエットを開始できなくしているのです。

「まずは一日だけ「成功」してみる」

成功するか、失敗するかではありません。

「成功ありき」

それも「一日だけ」という「期間限定」です。

習い事。例えば書道教室で「一日体験教室」というのがありますよね。

ではダイエットの場合、どうでしょうか?

「まずは一日やせてみる」

夜、食べない。

そしてその状態で翌朝、朝食バイキングに参加する。これで多くの場合、体重は落とせます。

多くの場合、ダイエットが厳しいと思う理由に、

「夜食べられない」

そして翌朝の食事、例えばご飯と味噌汁の「一汁一菜」あるいはパンとコーヒーだけ。それだけだと、

「空腹感が満たされない」

これが毎日続くとなるとどうでしょうか?当然ですが多くの方は挫折してしまう。理由はといいますと、

「この辛い状態を一体何日続ければよいのか?」
「明日、体重が落ちなかったらどうするのか?」
「本当にこの方法でよいのだろうか?」

要するに不安ばかりが募ってしまうからです。

しかしバイキング形式で、

「お腹一杯」

これが分かっていたらどうでしょうか?

そして、

「お腹一杯食べてもやせられる」

どうでしょうか?

「それだったらやってみようか」
「一日くらいだったら試しにやってみようか」

仮に一回失敗したからといって、二度とダイエットが出来ないというわけではありません。あくまで「体験」です。やってみて得こそあれ、損はしません。

日本一ホテルの朝食を知り尽くした朝活主催者が教えます

私自身、ホテルで朝食会を10年以上、100回以上開催致しております。

おかげ様で500人以上の方とお会いするご縁、そしてメディアから取材を頂く機会も頂くことが出来ました。

最初に朝食会を開催するきっかけとなったのが、

「早起きしたい」

不規則な生活が続き、昼夜逆転の生活が続くようになっていたので、何とかその状態を改善したいと思っていました。

当初、

・手帳に「朝5時に起きる」と書く
・目覚まし時計を朝5時にセットする

しかし一向に早起きは出来ませんでした。なぜかというと、

夜寝る時間が遅すぎた。

昼夜逆転生活だったので、寝る時間が夜中の3時とか4時。あるいは5時とか。これではその時間に起きる、というよりその時間に寝るわけですから。とてもじゃないですが起きられません。

では、どうやったかといいますと、

「早朝、人と会う約束をする」

自分自身に特別な地位や肩書があればよかったのですが、そうはいきません。なのでなかなか会ってくれる人もいない。

そういう中、やってみたのが、

「ネット上にある「早朝から開催しているセミナーに申し込んでみる」

でした。当時はまだ「朝活」という言葉が一般的ではありませんでしたが、今でいう「朝活」です。

・明日の早朝、非常に重要な会議や取引があり、どうしてもその時間、その場所に行かないといけない。

この場合、どうでしょうか?当たり前ですが、前日夜更かししようが、あるいは徹夜しようが当日はその場所に行かなければなりませんよね。

結局、そういうことなんです。

「早朝から開催しているセミナーに予約を入れた」
「その結果、前日は夜更かししても当日は早起きして、その場所に参加した」

ダイエットも一緒なんです。

「ダイエットをしよう」

そのように決意される方は非常に多い。

では、そのように決意した日にダイエットは実行できるでしょうか?

多くの方にとってそれは「難しい」のではないでしょうか?

では、それを「難しくない」にするにはどうしたらよいか…

「明日、ダイエットをせざるを得ない状況になる」

私自身、最大で-15kgのダイエットに成功しました。

このように書くと、ものすごく厳しい食事制限だったり、あるいはエクササイズをやったのではないかと思う方がいらっしゃるかもしれません。

しかし実際に何をやったかといいますと、

「夜食べないだけ」

それも、自主的にやったのではなく「そうせざるを得なかった」。

どういう状態かといいますと、

・原稿の締切が迫っており、夜、食事をする時間がなかった。
・打ち合わせの後、そのまま「寝落ち」してしまった。

その結果、たまたま「夜食べない」生活が続いた。即ち、

「狙ってやせたわけではなく、結果として、やせた」

のです。

しかし、これも結局のところ早起きの話と一緒なのです。

「朝、誰かと会う約束をすると嫌でも早起きをする」
「朝、夜食べない約束をする相手と会うと嫌でも前日、食事をしない」

自分の意志で「今日からダイエット」とうと、なかなか上手く行かない。

しかし、

明日、会う相手が「前日の夜、食事をしていない」という場合、どうでしょうか?

当然ですが「お互い、前日の夜、食事をしていない」という約束事が存在している(という前提)になりますよね。これが重要なんです。

早起きにしろ、ダイエットにしろ、何が重要なのかといいますと、

「約束」
「縛り」

コレです。一見すると「管理」。何やらネガティブなイメージがあるかもしれません。

しかしコレが他と違うのは、

「とりあえず、まずは一日だけやってみる」

多くの場合、

「毎日やらないといけない」
「一日でもやらなかった場合、その時点で落伍者扱い」

非常に厳しい「ルーティンワーク」を強いることが少なくありません。

しかしこれらは決して「当たり前」「凡事徹底」なんかではありません。

「成功体験」
「実行できるのは素晴らしい事」

なんです。

朝活ダイエット塾/料金

90分 9800円 + 食事代

開催場所 主に東京都内のホテルのホテル等

このエントリーをはてなブックマークに追加

【全8回】無料メールセミナー / 「実績のない人普通の人」が、読まれるブログを書き続けるには何を書けばよいのか?
10年文章塾無料セミナー
お名前  *
メールアドレス  *
【10年文章塾に申込む↓↓】

お問合せは o44-988-8859
比嘉行政書士事務所(ヒガギョウセイショシジムショ)宛。
e-mail info@w-plusweb.net

【電子書籍出版致しました】