上手く教えるのは一流。では超一流は何かといいますと…

 

「行動に火をつける」

 

このように書くと、

 

「だったら受講生を行動させているセミナー講師は超一流じゃないか」

とおっしゃる方がいるかもしれません。

 

しかし多くのセミナー等では本人の不安を煽って行動させようとします。

 

極端に言ってしまえば、

「このままだと不幸になる」

という感じです。

 

宗教じみてる、というか半分は「洗脳」ですよね。

「悩みを伝える」
「じらしのテクニック」

そのような小手先のテクニックを使い、相手を不安、というより「勘違い」させているわけです。

 

それは本来の意味での行動ではありません。少なくとも皆様が書かれる文章はそんなものであっては欲しくない。

皆様の文章は、

「相手を喜ばせたい」
「喜びを分かち合いたい」

その人を動かすきっかけは、そんなものであってほしい。

そしてそれによって行動した人が、また同じようにポジティブな気持ちで人に何かを伝えるような、そんな文章であって欲しい。

 

皆様の文章は一流、ではなく「超一流」であって欲しいので。


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ
【全8回】無料メールセミナー / 「実績のない人普通の人」が、読まれるブログを書き続けるには何を書けばよいのか?
10年文章塾無料セミナー
お名前  *
メールアドレス  *
【10年文章塾に申込む↓↓】

お問合せは o44-988-8859
比嘉行政書士事務所(ヒガギョウセイショシジムショ)宛。
e-mail info@w-plusweb.net

【電子書籍出版致しました】