もしも、あなたの子供がYouTuberになりたいと言ったら?

親子YouTube教室
(※10年文章塾の方はそのままサービスをご利用いただけます)

Youtubeで再生(再生時間)を稼ぐことで生計を立てている人をYoutuberといいます。

現在、子どもがなりたい職業としてスポーツ選手や芸能人と並び、上位にランクインされるほどの人気です。また、子どもでも個人で作成した動画がヒットすれば高収入を稼ぐチャンスがあるのもYoutubeの特徴です。

しかし一方、Youtubeを始めるにあたって様々なリスクが存在することはあまり多く語られておりません。そして大人は子供に対して教える事もありません。

・再生数を稼ぎたかった
・注目されたかった
・学校そっちのけで動画作成に時間をとられている

内容によっては取り返しのつかない事態にもなりかねない。そんなリスクの高い行為に子供が足を踏み入れようとする状態で、盛り仮に「バカなことをするな」と頭ごなしに否定するのは賢明なやり方ではありません。そのような言い方をした場合、素直に従うばかりか却って「見返してやりたい」と考え、過激な動画作成に向かう危険性があります。

「自分の子が過激な動画作成によって犯罪、あるいは世間からひんしゅくを買うような行為だけは何としても避けたい」

保護者として、どのように向き合っていくべきかといいますと・・・

子供の将来を奪いかねない「大人視聴者のリスク」から守るには?

子供がYoutubeに動画をアップするうえで、最も気を付けなければならないのが何かといいますと、

大人の視聴者との付き合い方

です。

「テメーウゼーんだよ」
「ガキが調子に乗ってんじゃねー」
「見てて不快だから削除しろよ」

このような乱暴な言葉を平然と投げかける大人は残念ながら、ネット上に大勢存在します。

本人が、こういった心無いコメントによって精神的に動揺してしまうのはもちろんのこと、

「売り言葉に買い言葉」
「汚い言葉で言い返す」

例えば犯罪を仄めかすような発言をした場合、その言葉の揚げ足をとられ、警察に通報するといった行為をされることが実際にあり得ます。そうなると本人の将来を奪う事にもなりかねない。取り返しのつかない失敗となってしまいます。

とりわけ子どもの場合、こういった挑発行為に対する対応方法(いわゆる「スルースキル」)が身についていないため、大人に利用されたり、あるいは本人の意図を超えて周囲を巻き込んだりしてしまうケースが決して少なくないのです。

また、ネット上の場合は学校等における、いじめと異なり、自宅に避難した場合でも精神的な苦痛状態が継続される危険性があります。

・自宅でネット上に繋がっている限り、延々と失態を責め続けられる。

当然ですが、保護者としてはそのようなリスクを常日頃から回避する方法を知っておく必要があります。

保護者は「未成年YouTuber」をどう支えていくべきか?


現在、YouTubeで収益を上げる要件は、

・直近12ヶ月で4000時間以上の再生時間
・登録者数1000人以上

この要件をクリアしない限り、収益は発生しません。

これは言い換えれば、

・何かがきっかけで、一気に注目を浴びるきっかけがない限り、短時間でこの数値を達成するのは難しい。

その結果、

・手っ取り早く注目を集めようと、危険な行動に走るリスクがある

例えば男の子であれば危険な行動を行ったり。あるいは女の子であれば性犯罪に巻き込まれるといったリスクが想定されます。

「18歳デビュー」を視野に入れ、親子2人3脚でやるべきことは?

・コンスタントに再生時間を稼ぐ
・コンスタントに登録者を増やし続ける

これを子どもが一人で継続して行うことは非常に困難を伴います。

また、何らかの方法で再生数や登録者が増えたとしても、前述のとおり「大人の視聴者のリスク」によって、せっかく築いてきたものを一瞬で全て破壊されてしまうケースは決して少なくありません。

では、保護者はこのようなリスクから如何に子供を守り、そしてコンスタントに再生数や登録者を増やす「健全な」YouTuberの親として、その活動を支えて行くべきかといいますと・・・

・子供のマネージャーとして、しっかりと活動を管理していく

例えば野球やサッカーで子供がプロを目指そうとする場合、保護者の協力が不可欠です。それは練習の送迎や食事のサポートに始まり、チーム内での人間関係でも保護者は「マネージャー」としての役割が必要となって行きます。

野球やサッカーでプロを目指す場合、概ね10歳程度から少年野球やサッカーを始め、高校卒業(18歳)で「プロデビュー」となります。もっといってしまいますと「小学校から始めないと、高校卒業時点でプロになれない」ということです。

野球やサッカーの場合、多くの選手が「アマチュアで実績を積む」わけですが、他のスポーツ。例えばボクシングの場合ですとアマチュア経験なしでプロになる「叩き上げ」と、高校等のボクシング部で実績を築いた「アマチュアエリート」ではスタートの時点で大きな差があります。むろん、世界王者になる確率も全く違ってきます。

今後はYouTubeも同様です。

「アマチュア時代から、しっかりと基礎を作っておいたYouTuberでないと成功するのが難しい」

そうなりますと、保護者がやるべきことは、

・如何にして、地道にファンを増やす環境を提供させるか?

それだけではありません。

・視聴者の、心無いコメント。あるいは予期せぬ「炎上」に対し、どう対処するか?

本人だけでは対応できない問題に対し、保護者が「マネージャーとして」一緒に対処していく。そのような方法が今後は求められていきます。

「親子YouTube教室」カリキュラム事例

試験期間中に保護者は何をすべきか?

コメントのやりとりや、チャンネル登録作業等、いわゆる「単純作業」を代行する。

「勉強に手が付かない」
「試験中でも動画をアップしなければならない」
「試験期間中でも、早くコメントを返さないといけない」

このような場合、本人に代わって予め作業を代行することで、本人も安心して学校の活動(勉強)に取り組めるようになります。

芸能人、とりわけアイドルと呼ばれる人の場合、マネージャーがアカウントを管理している場合が多いです。

「子ども=芸能人」と想定し、親が子どもの言動やファンとのやりとりを管理するのが原則です。

保護者が管理できる範囲、管理すべきスケジュール等についてお伝え致します。

また「技術的なことがよくわからない」「一からパソコンを学ぶのは負担が大きい」という方もご安心ください。短時間で、効率的に返信する方法もしっかりとお伝え致します。

「親子YouTube教室」講座内容

・もしも、あなたの子供が「YouTuberになりたい」と言ったら?
・再生数が伸びた場合、子どもの意見に従うべきか?
・未成年YouTuberのリスクとは?
・「勉強が手につかない」にどう、対処すべきか?
・「18歳までは準備期間」
・準備期間中、親子でやるべきこととは?
・18歳の段階で、既に多くの固定ファンがついている状態にするには?
・いわゆる「炎上状態」にどう対応するか?

※月額課金制のオンライン講座となります。上記の他、受講者のリクエストに応じて様々な情報をお伝え致します。

お申込み

親子YouTube教室
(※10年文章塾の方はそのままサービスをご利用いただけます)

下記申込フォームからも受け付けております。「親子YouTube教室申込み」と記載の上、お申込みいただけますと幸いです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【全8回】無料メールセミナー / 「実績のない人普通の人」が、読まれるブログを書き続けるには何を書けばよいのか?
10年文章塾無料セミナー
お名前  *
メールアドレス  *
【10年文章塾に申込む↓↓】

お問合せは o44-988-8859
比嘉行政書士事務所(ヒガギョウセイショシジムショ)宛。
e-mail info@w-plusweb.net

【電子書籍出版致しました】