まず、真似から始めよ

10年文章塾オンライン指導コース(4980円/月額)

「学ぶ」の語源は「まねぶ」・・・ではありませんが、

2ちゃんねるまとめサイトはじめました。

疑問に思われた方も多いでしょう。

「一体何をやっているんだ?」
「そんなことをやる意味があるのか?」

実は多くの方が、ブログが続かない理由。それは何かといいますと、

真似をしないから。

多くの方、とりわけブログにしろ、あるいはネットビジネスにしろ「初心者」と呼ばれる方はまず「真似をする」。これが一番重要です。

ブログが挫折する原因は「ネタがない」から。

もし、今からブログを始めよう、あるいはネットビジネスを始めようというあなたが、

・元暴走族や元ホストで、過去に壮絶な体験をしている
・年収は10倍以上アップ
・高額セミナーは常に即日満席
・いわゆる「成功者」と豪勢なパーティー三昧で、毎日が非日常

こういった状態であれば、ブログのネタには困らないでしょう。しかし多くの方はそうではありません。

・特別な経験も実績もない
・高額どころか、無料でもセミナーの受講生が集まらない
・セミナー講師は、いわば「雲の上の人」

そして思うわけです。

「実績させあれば」
「まずは実績を作らなければ」

そして、その実績を作るための方法を学ぼうと様々なセミナーに参加するわけです。ところが、多くのセミナーで、そのセミナー講師から何と言われるかといいますと・・・

「実績をアピールして下さい」

・・・

いや、だからさ。その実績があれば誰も苦労しないんだって。

そういった「成功者」から「毎日書け」「いい内容を書け」と煽られる、

毎日成功体験を書く・・・って有り得ないでしょ。

もし「成功者」と呼ばれる人であれば、抽象的な「成功論」「成功哲学」を適当に書けばいい。実際にそれで読まれます。「勝てば官軍」ですから。

しかし(成功していない)多くの人はそうではない。これが多くの人が挫折する原因です。そんなネタがないから書けないのは全く不思議ではない、というよりも、むしろ当然のことです。

毎日書けないのは当たり前なのです。それはやる気がないとか、そういう問題ではありません。教える側が、実際に書く側の状況を理解できていない。

自分が成功するのと教えるの違いが分からないバカ

そういう人に教わっている。たったそれだけの話です。

実績がない人は、まず「アクセス数→実績」を作れ!

・特別な実績がある

例えば「年収10倍アップ」「トップセールス」。そういった実績のある人は、そういった経歴を最初にアピールした後、ブログの記事は適当な内容で大丈夫です。

では、そうでない。つまり大半の「実績がない、平凡な人」はどうすればよいのかといいますと・・・

「差別化」
「強みをアピール」

で、その強みとやらはどうやればアピールできるのかと聞きますと、

「実績をアピールして下さい」

・・・

いや、だからさ。その実績があれば誰も苦労しないんだって。

君、バカなの?

結局、ここで話が堂々巡りになってしまう。就職活動でいえば「新卒の即戦力」を要求しているようなものです。

・新卒じゃないから
・即戦力じゃないから

この時点で「問答無用で松本アウト」です。そこに強みとか、差別化は一切関係ありません。

ない実績はアピールできないわけですから・・・では、一体どうすればよいかといいますと。

・小さくてもいいので、まずは実績を作る。

その方法は簡単です。

・一定数のアクセス数を集め、成果を出す。

例えば「商品が売れる」。少額でもいいので、まずはこれを実現する必要があります。

なぜ、まとめサイトが「実績を出すのに最適」なのか?

多くの人が成果を出せない原因を今まで分析してみたところ、実は、ある共通点があります。

・0からその人を認知する、あるいは信頼を築くまでに時間(及びお金)がかかる

例えば自動車。トヨタとかベンツとか、そういった自動車には「既に確立されたブランド」があります。

一方、自分で自動車会社を設立し、オリジナルの車を売ろうとした場合、どうでしょうか?おそらくそれが市場に認知されるまでには相当な時間がかかります。

「メンテナンスは大丈夫か?」
「故障が多いんじゃないのか?」

そのような疑いを絶えずぶつけられるでしょう。この疑念を払しょくし、ブランドを確立するには相当な時間がかかります。

あるいは聞いたこともない国で生産されている自動車を買おうとした場合、どうでしょうか?ベンツ(ドイツ車)、フェラーリ(イタリア車)といった、既に認知されている国に比べ、買うのに躊躇(ちゅうちょ)する。ある意味自然な反応だといえるでしょう。

つまり何が言いたいのかといいますと、

・既に市場に認知されているものでないと売れない

のです。車でいえば、仮にあなたが作った車がどれだけ高性能だとしても、既に市場で認知されているメーカーを押しのけてシェアを獲得するというのは非常に困難なのです。

それよりもむしろ、既存のメーカーの車の代理店販売を手掛けた方が「手っ取り早く儲かる」ということです。もっといってしまえば、「お金のかかることは、まずお金を儲けてからじゃないとやってはいけない」のです。

即ち、

・まとめサイト→既に市場で認知されている自動車を売る
・自分のサイト→0から自分の自動車メーカーを立ち上げる

どちらを先にやるべきでしょうか?当然ですが前者です。

まとめサイトをどう活用するか?

10年文章塾、対面指導コース / (49800円/月額)

基本的にまとめサイトの活用方法は一つです。

・収益を出す
・収益に特化してサイトと割り切る

自分のサイトを立ち上げる場合、多くの方は「理想主義者」です。即ち、

・妥協はしたくない
・質を下げて収益を上げると信頼を失うかも

その結果、

・自己満足のサイト
・独りよがりな商品やサービス

こういったケースが珍しくありません。もっといってしまいますと、

質にこだわり過ぎて、作業が進まない。

ブログ一つとっても「いい記事を書こう」と考えるあまり、机に向かってパソコンの画面と何時間のにらめっこをしたという経験のある方、いらっしゃるのではないでしょうか?(私は、あります)。

残念ながら、それは絶対にやってはいけません。熟考といえば聞こえはいいですが「下手の考え休むに似たり」です。

「売れるもの」を売り、まずは「実績を作る」

10年文章塾オンライン指導コース(4980円/月額)

まとめサイトは基本的に「コピペ」です。そこに自分の考えはありません。

しかし、だからこそ、

・客観的に、多くの人が興味ある情報を伝えられる

そしてそれは、同時に「アクセスを稼ぐ」ことでもあります。

・「自分の好き嫌い」よりも、読者のニーズが優先

これが、まとめサイトを作成する大きなメリットです。これによって、一定数のアクセスを稼ぐことが可能です。

アクセスが稼げれば、あとはこっちのものです。そこに広告を貼れば、利益が出ます。

少額でも利益が出れば、当然ですが「実績をアピールすることが出来る」わけです。

基本的に、まとめサイトに掲載される情報であれば、一定の認知度があります。したがって、

・一定の認知度のある情報を流す
・一定の認知度により、読まれる情報でアクセスを稼ぐ

そして、

・一定のアクセス数を武器に、収益を稼ぐ

また、前述のとおり、まとめサイトは「コピペ」ですので、

「記事更新の時間が容易に計算できる」

オリジナル記事を書こうとした場合、少々の文章でも思いのほか、アイデアに詰まってしまったため、数行の文章で数時間費やすなんてことも実際にあり得ます。一方、まとめサイトは書き込みの量によって、ある程度の作業時間を割り出すことが可能です。したがって、

・1日〇分で〇記事更新

こういったスケジュールが容易に設定できるわけです。ちなみに、最短で5分くらいでかのうです。加えて自動投稿を使えば、「1週間に1回、30分」といったスケジュールも容易に設定できます。なぜなら「自分で考え過ぎてしまい、予想外に時間がかかる」というケースが想定しにくいからです。

初心者はまず、コピペで稼げ!

コピペで稼ぐ、というと、何やら怪しい情報商材のキャッチフレーズのような感じですが・・・

実は、多くの「コピペだけで稼げる」という「コピペ文章」は、実は稼げません。

その理由は、実際にまとめサイトを作成されてみるとわかると思いますが、

「まとめサイトとは、ある決定的な違いがある」

これが理解できれば、コピペで稼げるか稼げないかではなく、

・何をコピペすれば稼げるのか?
・コピペしただけで稼げない理由は何か?

これを理解できるようになります。当然ですが、まとめサイトは「コピペだけで稼げる」方法です。ちなみに、情報商材販売者等が提供している「コピペで稼げる」は、

・ある条件を満たさないと、コピペしても稼げない

です。当然ですが、多くの初心者がこの条件をクリアできておりません。あるいは該当しません。

・如何にして、初心者のスキルの範囲内で成果を出すか?
・如何にして、初心者が最初の実績を作るか?

様々な試行錯誤の結果、一つの結論がこの「まとめサイト」です。

・実績さえあれば・・・
・いつの間にか「ノウハウコレクター」になりつつある。

そのような方が、ぜひ「成果を出す方法」「実績を作る方法」を知り、実際にそのような成果や実績を出していただけますと幸いです。

10年文章塾、対面指導コース / (49800円/月額)


このエントリーをはてなブックマークに追加

【全8回】無料メールセミナー / 「実績のない人普通の人」が、読まれるブログを書き続けるには何を書けばよいのか?
10年文章塾無料セミナー
お名前  *
メールアドレス  *
【10年文章塾に申込む↓↓】

お問合せは o44-988-8859
比嘉行政書士事務所(ヒガギョウセイショシジムショ)宛。
e-mail info@w-plusweb.net

【電子書籍出版致しました】