これからいじめの話をしよう

質問者 さん
今回は随分と「攻め」のタイトルですね。
管理人
そうかな?別に当然の事だと思うけど。
質問者 さん
いやいや、ひょっとして「炎上マーケティング」でも狙ってるんじゃないかと。
管理人
そんなことはないよ。
質問者 さん
じゃあ、一体何が目的なんですか?
管理人
まあ、何かな。敢えて言えば「自己開示」って奴かな。
質問者 さん
実は僕も、いじめに遭った経験があるんです。
管理人
猫にもいじめとかあるの?
質問者 さん
うるせーバカ!少しは空気読めよ!
管理人
悪いね。じゃあ、あるってことで。
質問者 さん
「こと」とは何だ、あるんだよ!
管理人
ハイ、あります。
質問者 さん
猫だって結構苦労してんだよ!
管理人
ご苦労様です。
質問者 さん
君はいつから俺の上司になったんだ?

※「ご苦労様」は通常、上司が部下を労う言葉として使用される。部下が上司に対して労う場合は「お疲れ様」が一般的。

管理人
いや、結構前から。
質問者 さん
・・・
管理人
ご苦労様です。
質問者 さん
・・・これからいじめの話をしよう。
管理人
わかりました。

いじめで強くはならない

質問者 さん
すごく納得行かないことがあるんですよ。
管理人
納得いかない、というと?
質問者 さん
よく「いじめの経験があったから強くなれた」といいますよね。
管理人
よく言うね。
質問者 さん
あんなので強くなれますか?僕は心身共に打ちのめされて、弱くなるだけだと思うのですが。
管理人
全くそのとおり。
質問者 さん
そのとおりなんかい!
管理人
少なくとも、弱くはなっても強くはならない。
質問者 さん
じゃあ、何で「強くなった」なんて言うんですか?
管理人
「元々強かった」だけなんだよ。それが散々痛めつけられ、弱くなっても「まだ弱くなってない」だけなんでね。
質問者 さん
そうなんですか?
管理人
まあ、いってみれば「心が餓死してない」状態。
質問者 さん
それはわかりやすい例えですね。飢え死にしてないのを健康とはいいませんし。
管理人
そう、だから強くなってなんかいないし、強くなる事なんて有り得ないって。大体、強くなったらいじめっ子に感謝するよね?「こんな弱い僕をいじめて、強くしてくれてありがとう」って。
質問者 さん
ねーよ!無理に決まってんじゃねーか!
管理人
そう、無理。

いじめの加害者に対して「いじめをやるな」は意味がない

質問者 さん
あと、よく有名人とかが、いじめに遭った人に対して「頑張れ」とか「頑張るな」とか、いろいろアドバイスしますよね。
管理人
するね。
質問者 さん
でも、本当はいじめをやっている連中に対して「いじめをやるな」とは言わないんですか?
管理人
一応、言ってはいるみたいだけどね。しかし残念ながら彼等に届くことはないだろうね。
質問者 さん
なぜ届かないんですか?
管理人
それを聞くメリットが何もないからだよ。
質問者 さん
何故ですか?
管理人
「いじめは犯罪です」。だったらいじめをやったら逮捕されるの?
質問者 さん
されませんね。
管理人
過去のいじめが原因で高校とか大学の合格を取り消されるとか、あるいは会社の内定まで取り消されることは?
質問者 さん
それもありません。てゆーか、それってプライバシーの侵害ですよね?
管理人
「もしかしたら自分よりケンカが強いかも?」って相手をいじめる?
質問者 さん
無理です。だって怖いじゃないですか。それにケンカに負けたら、今度は自分がいじめの標的になりそうだし。
管理人
いじめってのは、相手が反撃とか、反論とか出来ないのがわかっててやってるわけだ。それを「やるな」といってやらないような連中だったら最初からいじめなんかやらない。
質問者 さん
確かにそうですね。
管理人
要するに「パワハラ」「モラハラ」と一緒だよ。もしそれが原因で反撃され、痛い目に遭う可能性があるならやらないよね?
質問者 さん
やらない、というより、やれませんね。
管理人
そのとおり。だから彼等に対して「やるな」というのは意味がないんだ。
質問者 さん
それじゃあ、結局「やられ損」ってことですか?
管理人
残念ながら現状はそうだ。
質問者 さん
それじゃあ、身も蓋もないじゃないですか!酷い。
管理人
まあ、落ち着けって。

いじめの「本当のデメリット」をきちんと伝えているか?

質問者 さん
僕、未だに同窓会に出たことがないんですよ。
管理人
安心しろ。俺もだ。
質問者 さん
・・・
管理人
気にしなくていいよ。そういうのって君だけじゃない。
質問者 さん
あなたには一応、学歴も資格もある。だからそんな余裕でいられるんだろう。
管理人
自分が唯一、いじめっ子に対して感謝してることがあるんだよ。
質問者 さん
何ですか?
管理人
高校が大した所じゃなかったから、あんまりいい大学にいった奴が少なかった。まあ、中にはそうじゃない連中もいたけど。
質問者 さん
それで?
管理人
だからそこそこの大学に合格しただけで、大概の連中と同じか、それ以上の学歴になった。それで過去の嫌な思い出を「清算」出来たことだ。
質問者 さん
いいんだか、悪いんだかわかりませんね。
管理人
でも、これが「東大合格者を大勢輩出」という進学校だったらそうはいかないね。
質問者 さん
そうなんですか?
管理人
「俺が東大に合格できなかったのは全部アイツ等のせいだ!」って引きこもりになるかも。
質問者 さん
そうなってしまうと辛いですね・・・
管理人
これが早稲田とか、慶応に合格したのにそうなってしまった挙句、中退なんてしてみなよ?それこそ悲劇だよ。
質問者 さん
でも、そういう人っていますよね?
管理人
いるよ。けれども世間は本人に対して「もったいない」とか「大学生にもなってウジウジしてみっともない」とか、本人を一方的に責め立てるんだ。
質問者 さん
問題はソコじゃないんですよね?
管理人
そう、だからこそ「辛い」んだよ。「何で誰も分かってくれないんだ」って。
質問者 さん
そういのって、どうすれば解決できるんですか?
管理人
例えばいじめの加害者だった「東大生」を「懲戒退学」させるとか。
質問者 さん
それはちょっと現実的じゃないですよね?
管理人
確かに。でも、現実問題としていじめの被害者が本当に望んでいることは「これ」なんだよ。
質問者 さん
「これ」といいますと?
管理人
いじめの加害者が、「いじめをやったせいでこんな目に遭った」あるいは「こんな目に遭うならいじめなんかやらなきゃよかった」と、心から悔やむような結果だ。
質問者 さん
確かに、そういうのあって欲しいですよね。
管理人
自分の心の奥底に、何となくわだかまりが残っているとか、そんな生易しいものじゃダメなんだよ。
質問者 さん
確かにそうですよね。
管理人
過去にいじめをやったせいで、将来の至る所で「通せんぼ」されてしまう。そんな「自業自得の人生」を見たいわけだ。いじめの被害者からしてみればね。
質問者 さん
なるほど。確かにそれはあります。
管理人
いじめの被害者に対して「逃げろ」というのは、一時的な救済措置として必要なのかもしれない。ただ、
質問者 さん
ただ?
管理人
本当に必要なのは、加害者に対して「逃がさねーぞ」だろ?
質問者 さん
そのとおりです。

いじめ「自殺」には原因がある。

管理人
いじめに遭う原因は別にあるわけじゃない。けど「自殺」となると、実は原因があるんだよ。
質問者 さん
それってちょっと酷くないですか?何だか「死者に鞭打つ」みたいじゃないですか?
管理人
そうじゃないよ。実際に多くの人が、これを分かってないから本人の自殺を止められないことが多いんだ。
質問者 さん
その原因って何ですか?
管理人
「自己嫌悪」だね。ほぼ間違いない。
質問者 さん
自己嫌悪・・・ですか?
管理人
自分自身が情けないんだよ。「いじめに遭っても反撃できない。ケンカすれば負けるだろうし、勉強でもスポーツでも、周囲を見返せるような方法が全くない」
質問者 さん
完全に八方塞がりですね。
管理人
それに対し、周囲の人間は「落ちこぼれでもいいんだよ」なんて言う。それで本人のプライドはズタズタだ。で、その優しさが「引導を渡す」結果になる。
質問者 さん
その人は、別に落ちこぼれなんかじゃないですよね?
管理人
そう、なのに「落ちこぼれだけど僕は君に同情してあげる」とか。要するに「弱者に優しい俺カッケー」みたいな連中がわんさか群がってくる。実はそういった、親切というより「悪気のない人達」がむしろ、本人を苦しめているんだ。
質問者 さん
それも辛いですね。
管理人
その時、本人が言って欲しい一言って、一体何だと思う?
質問者 さん
何ですか?
管理人
「お前を勝たせてやるよ」
質問者 さん
「勝たせてやる」ですか?
管理人
今から一緒に、
質問者 さん
これから一緒に、
管理人
殴りに行こうか~♪
質問者 さん
・・・ても、それやったら犯罪ですよね?
管理人
(テンション下がるな、オイ!)つまり、いじめの被害者がやりたいことは「たった一つ」なんだよ。
質問者 さん
何ですか?
管理人
加害者に対して「倍返し」
質問者 さん
倍返し・・・ですか?
管理人
ケンカに勝って直接相手を屈服させるのでもいいし、あるいは勉強で学年トップになって教師が自分の存在に一目置く。で、そういう自分に手を出す連中に対して教師が「お前ら、勉強も出来ないくせにいじめなんかやるのか!」って説教してる姿とか、そういうのを見たいんだよ。
質問者 さん
それって何か酷くないですか?よくいうじゃないですか。「争いからは何も生まれない」って。
管理人
基本的にいじめの被害者は怠け者じゃないから。だから「頑張れ」じゃなくて「頑張り方を教えてやる」なんだよ。それに、いじめは理不尽だ。だからこそ、君はいじめの加害者を憎む権利がある。ただ、
質問者 さん
ただ?
管理人
調子に乗って、今度はいじめの加害者になった時、「裁かれる側の人間」になることも覚悟しとけよ?
質問者 さん
そんなことはないですよ。自分はあくまで・・・
管理人
人ってさ、自分のこと「だけ」はよく見えないもんなんだ。
質問者 さん
・・・
管理人
いじめの加害者でもない、そして傍観者ですらない人間に対して力を誇示した場合、君はもう、加害者の立場なんだよ。
質問者 さん
そうなんですか・・・
管理人
加害者は言い訳なんかしてはいけない。君も被害者ならわかるだろう。それが「いじめ」だ。
質問者 さん
なるほど。
管理人
せっかくなら、力は正しく使わんとね。

いじめの加害者こそ「いじめを苦に」自殺した方がよい

質問者 さん
でも、いじめの被害者に対して「謝りたい」って人もいますよね。例えば「一発殴っていいぜ」とか、
管理人
そういうのは歓迎だよ。ただし、一つ条件がある。
質問者 さん
条件、といいますと?
管理人
金属バットを使わせてくれないかな。もちろん狙う場所は頭部一択。
質問者 さん
(うわ~コイツ頭がおかしいんじゃないか?)
管理人
どうせこんなひ弱な奴に一発殴られるくらいで・・・
質問者 さん
心の中のわだかまりがスッキリするなら安いもんだ。
管理人
で、一発が素手じゃなくで金属バットを使うのだったら?
質問者 さん
命にかかわるでしょ!てゆーか本気でそれ言ってるんですか?
管理人
本気だよ。何故それが冗談だと決めつける?
質問者 さん
あなたがそんな非常識な人間とは思わなかった。
管理人
そう、そんな人間のために一生を棒に振りたくはないからね。
質問者 さん
でも金属の棒は振るつもりだったんだろ?
管理人
うるせーバカ!
質問者 さん
まあ落ち着けよ。確かにそれが「過去のいじめに対して正当防衛を認める」なんてなったら、確かにそれをやってみたい。
管理人
そう、被害者はそのくらい、加害者を「許せない」んだよ。万引きした相手に対して「お金を倍払えば許してやる」なんていう人がいないのと一緒。
質問者 さん
警察に突き出しますよね。普通。
管理人
それで学校とか、会社を追い出される。それでやっと被害者は納得するんだよ。
質問者 さん
その結果、万引き犯が命を絶ったとしても?
管理人
その自殺者が、自分の店の「万引きの常習犯」だったらどう思う?
質問者 さん
確かに。「当然の報いだ」って思いますね。
管理人
いじめだって、本来は加害者がそうなって欲しいんだよ。本来はね。
質問者 さん
いじめを理由に学校を退学にさせられて、それを苦にして自殺して欲しいと?
管理人
君がいじめの被害者ならどう思う。
質問者 さん
確かに、そういう気持ちはありますね。
管理人
あと、いじめの傍観者もペナルティーを与えたいもんだね。
質問者 さん
やっぱり死んでほしいですか?
管理人
それが理想だけどね。しかしそれだとクラス全員がこの世からいなくなることもある。
質問者 さん
じゃあ、どうしろと。
管理人
いじめに反対の声を上げられないなら学校に来るな
質問者 さん
でも、それだといつまで経っても学校に来れなくないですか?
管理人
なら辞めてもいいんじゃないの?結局、彼等も「共犯」なんだし。

いじめに関わった人間は学校から出て行け。で、人生を棒に振れ

質問者 さん
このタイトルってすごく挑戦的、といいますか。何もここまで書かなくても、と思うのですが?
管理人
よく、いじめの被害者に対して「逃げろ」とか「学校に行かなくてもいい」って言うよね。
質問者 さん
確かに、そういいますね。
管理人
でも、実際は逆だと思うんだ。
質問者 さん
逆、といいますと?
管理人
いじめの加害者に対して「学校に来なくていい」というより「来るな」って何故言わないのか?
質問者 さん
それは確かにありますね。でも、やっぱり子供だから教育の機会まで奪うのはまずいんじゃないですか?
管理人
でも、いじめの被害者は現に、そういう連中のために教育の機会を奪われているわけだよね?しかもそれが「やむを得ない」と言われている。
質問者 さん
確かに。
管理人
だったらこうすべきなんじゃないか?「いじめをやれば教育の機会を奪われますよ。そうなればあなたの将来にもプラスにはなりませんよ」と。
質問者 さん
でも、学校に行かなくても塾とかには行けますよね?
管理人
それはいじめの被害者にも言えることだね。「学校には行かなくてもいい。けど受験勉強はちゃんとやっとけ」。
質問者 さん
何だか納得いかないですね。結局、何でいじめに遭った側だけ、何かこう、常に「暗い影と共に生きるような」人生を歩まないといけないんでしょうか?
管理人
何が納得いかないと思う?
質問者 さん
「青春の日々」っていうんですかね。例えば高校生なら文化祭とか、部活動とか、あと恋愛とか。そういう思い出を作ることも必要だと思うんですよ。
管理人
まさしくその通り。いじめに遭って学校に行けなかった。あるいは学校での居心地が非常に悪かった。そういう嫌な思い出って、希望する大学に合格したからといって「埋め合わせ」できるものじゃないんだ。
質問者 さん
確かにそうですね。
管理人
「勉強が出来るから」という理由で学校をやめ、敢えて大検を取得して大学に入学することは理論上可能だ。しかしそれは「飛び級」ではない。だったら、そういった思い出を作る機会をむざむざ捨てなくたっていいんじゃないか?
質問者 さん
なるほど。
管理人
ある意味、それがいじめの、一番の「負の遺産」なんだ。
質問者 さん
確かに。
管理人
あと、いじめに遭うと人格形成にも悪影響を及ぼすことが多い。
質問者 さん
どういう感じですか?
管理人
常に人の顔色を伺うような人間になってしまう。
質問者 さん
そうなんですか?
管理人
「どうやればいじめに遭わなくて済むか?」それは即ち「いじめの加害者の機嫌をどうやって取るか?」ということになる。
質問者 さん
何だか納得いきませんね。
管理人
結局、卑屈な人間になってしまうんだよ。いじめに遭った辛い経験があるために、他者の批判が怖くなってしまうんだ。
質問者 さん
いじめのトラウマってやつですか?
管理人
そうだね。つまりいじめってそれほど罪深い行為なんだ。さらに性質(タチ)が悪い事に、加害者はのうのうと青春を謳歌している。全く「ノーダメージ」だ。
質問者 さん
確かにそうですね。
管理人
だから本来、加害者に対して、もっとペナルティーが課されないといけない。少なくとも被害者と同じか、というよりそれ以上のダメージを与えるべきなんだ。
質問者 さん
でも、いつも思うんですけど、どうしていじめの被害者に対して「だけ」アドバイスばかりするんですか?僕はもっと、加害者に対してアドバイスもすべきだと思うのですが。
管理人
その方が楽なんだよ。もっといってしまえば「お前さえ教室からいなくなればクラスからいじめがなくなるから」って感じ。
質問者 さん
それって酷くないですか?要するに、いじめを「なかったことにする」ってことですよね。
管理人
でも現実はそうだよね?いじめって自殺者が出た後も、しばらく隠蔽(いんぺい)されることが多いじゃないか。
質問者 さん
確かに
管理人
クラス全体でいじめなんか起きたら、被害者以外の生徒は「登校禁止」でいいよ。で、その結果として出席日数とか単位が足りなければ留年もしくは退学。
質問者 さん
でも学校側としては、そんなに大量の退学者を出したら経営が成り立ちませんよね?公立ならいざ知らず、私立だったら大問題ですよ。
管理人
保険にでも入っておけばいいんじゃない?「退学保険」とか。
質問者 さん
そんなものがあるんですか?
管理人
作ればいいじゃん。今の時代、痴漢で捕まった際に弁護士を呼ぶ保険だってあるんだし。
質問者 さん
まあ極端な話ですけど・・・結局その人、一人だけのために授業をやるってことですか。
管理人
私立なんてさ、お金さえあればいいんじゃない?結局のところ、本人だって「ちゃんと学校に行きたい」んだよ。いじめさえなければ。
質問者 さん
確かに、そうですね。
管理人
じゃあ、そのいじめの元を全部消毒すればいいじゃん。
質問者 さん
汚物は消毒だ~
管理人
そのとおり。

いじめの被害者に「才能」は求めない

質問者 さん
よく、いじめの被害者に対して「もっと広い世界を見ろ」っていいますよね。
管理人
そんなもの見なくていい、というより「無理やり見せる必要がない」。
質問者 さん
そうなんですか?
管理人
何度も言うけど、何でいじめの被害者が学校を去って、わざわざ自分で学校以外の場所に居場所を探さないといけないわけだ?
質問者 さん
それもそうですね。
管理人
それは本来、加害者にやらせるべきなんだよ。「お前のような人間は学校にいちゃダメ。自分でどっか別の場所を探して、そこに行け」って。
質問者 さん
でもそれって、何か加害者に新しいチャンスを与えるみたいじゃないですか?
管理人
これは被害者にも言えることなんだけど、自分の才能だけで生きて行けるような人間なら別にいじめだとか、あるいは性格なんかどうでもいいんだよ。
質問者 さん
でも現実はそうじゃないですよね?
管理人
そう。にもかかわらず、いじめの被害者にばかり「才能を開花させろ」と要求する。
質問者 さん
何だか不公平ですよね。で、それが出来ないと引きこもるしかなくなる。
管理人
そう、不公平なんだよ。だったらむしろ、そういうリスクの高い行為は「加害者」が負担すべきじゃないのか?例えば「筋金入りの不良少年」がボクシングで世界王者になった場合、その人の性格に文句を言う人間がいないのと一緒。
質問者 さん
言われてればそうですね。
管理人
いじめの被害者に「学校をやめて、ボクシングで世界王者になれ。そして加害者たちを見返してやれ」っていうのが正しいのか?
質問者 さん
それハードル高すぎ!といより、何でそんなことしなきゃいけねーんだよ!
管理人
そのとおり。罰ゲームじゃないんだから。「普通の人生を送らせてくれよ」と考えるのが普通だ。

いじめの被害者を動かすのは「同情」ではなく「承認」だ!

質問者 さん
もっとも本人が学校という場所に馴染めないってこともありますよね。例えば音楽とか、絵とか、いわゆる「芸術家」って普通の生活が出来ない人って多いじゃないですか?
管理人
何度も言うけど、そういう人は別にいいんだよ。学校をやめたって自分で居場所を見つけられるから。
質問者 さん
でも「同情」ではなく「承認」が必要だって書いてますよね?
管理人
こちらが言いたいのは、芸術とかの特別な才能がない人が大半だから、そういう人をちゃんと承認してあげないとダメだってこと。
質問者 さん
承認、といいますと?
管理人
例えば学校に行かない時、朝7時に起きたことをちゃんと褒めてあげるとか。
質問者 さん
なるほど。
管理人
あと、「これからどうすんの?」は禁句だ。
質問者 さん
そうなんですか?
管理人
本人が一番不安なんだよ。なのに、そんなの聞いてどうすんだよ。
質問者 さん
でも、何もせずにダラダラ過ごしてるの見てると不安じゃないですか?
管理人
もう一回言うけど、彼等は怠け者じゃないんだ。
質問者 さん
そうなんですか?
管理人
「努力の仕方」がわからないんだ。そもそも10代の子供が学校に行けなくなったら、これから何をすればいいのか分からなくなるのは当然じゃないか。
質問者 さん
じゃあ、どうすればいいんですか?
管理人
何度も言ってるじゃん。「承認」だよ。
質問者 さん
承認とは?
管理人
ヤンキーがゴミ拾いすると、みんな「意外といい人」って褒めるじゃん。そうするとアイツ等、図に乗って「おまえら、ポイ捨てすんじぇねーぞ」とか急に積極臭くなるじゃん?
質問者 さん
なるほど。
管理人
で、いつの間にか自発的に「自分に何かできる事はないか」探すようになるわけだ。
質問者 さん
言われてみればそうですね。
管理人
何でそうなると思う?
質問者 さん
何でですか?
管理人
「ゴミを拾えば評価される」って思うようになるから、で、もっと認めてもらいたいと思うようになるから。
質問者 さん
(何か納得いかないけど)それは重要ですね。
管理人
さっきも言ったけど、いじめに遭うと、とにかく卑屈になってしまうわけだ。で、絶えず周囲の顔色を伺うようになる。
質問者 さん
ゴミを拾ってもダメですか?
管理人
「何、ゴミ拾ったくらいで調子に乗っちゃってんの~」(笑)
質問者 さん
あ~それすげ~ムカつく―!
管理人
そう、だから、そういうのが嫌で何もできなくなってしまうんだ。自分をバカにする人間の反応を絶えず、気にする癖が付いてしまっているわけだ。
質問者 さん
・・・
管理人
結局、何が必要だと思う?
質問者 さん
何ですか。
管理人
「何をやっても肯定する事」。彼等に必要なのは「承認」。もっといってしまえば「他人からバカにされない」という「安心感」なんだ。
質問者 さん
でも、それって・・・
管理人
「甘え」というね。多くの人は。
質問者 さん
そうです。それでいいんですか?
管理人
いいんだよ。少なくとも今の君は。
質問者 さん
甘えてもいいですか?
管理人
いい、というよりそれは甘えなんかじゃない。
質問者 さん
甘えじゃない、といいますと?
管理人
甘えているのはいじめの被害者である君ではなく、いじめの加害者だ。それに気付け。
質問者 さん
加害者が甘え、といいますと?
管理人
君を酷い目に遭わせているのにもかかわらず、のうのうと生きている。それが甘えだ。
質問者 さん
そうなんですか。
管理人
いじめの加害者を学校から追い出すのは大人の仕事なんだよ。それを子供の君に押し付けちゃいけない。
質問者 さん
僕は今、何もやる気が起きませんが。
管理人
頑張っていないわけじゃない。頑張り方がわからないだけだ。
質問者 さん
頑張り方、ですか?
管理人
君は今、人からバカにされるのが怖い。
質問者 さん
確かに、怖いです。
管理人
絶対に約束する。「君をバカにしない」。
質問者 さん
プロ野球選手になるといったら?
管理人
本気でそれを言っているか?
質問者 さん
いや、それはちょっと・・・
管理人
プロ野球チームのオーナーなら、なれるんじゃないか?
質問者 さん
なれますか?
管理人
本気でなろうとする君をバカにはしない。
質問者 さん
頑張ってみます。
管理人
頑張れ、とは言わない。
質問者 さん
言わないんかい!
管理人
頑張り方を見つけてくれ。
質問者 さん
なるほど。
管理人
探し方なら手伝うよ。
質問者 さん
ありがとうございます。
管理人
で、君がもしプロ野球チームのオーナーになることが出来たら・・・
質問者 さん
できたら?
管理人
いじめに関わった人間を全員、追い出す学校を作って欲しい。そして彼等の人生を棒に振って欲しい。
質問者 さん
・・・
管理人
いや悪いね。とにかく今はやれることをやろう。
質問者 さん
ありがとうございます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

【全8回】無料メールセミナー / 「実績のない人普通の人」が、読まれるブログを書き続けるには何を書けばよいのか?
10年文章塾無料セミナー
お名前  *
メールアドレス  *
【10年文章塾に申込む↓↓】

お問合せは o44-988-8859
比嘉行政書士事務所(ヒガギョウセイショシジムショ)宛。
e-mail info@w-plusweb.net

【電子書籍出版致しました】