「ライターになりたい」という人達にとって最初の関門は「仕事をとる」です。いきなり大きな仕事を獲得することが出来ればよいのですが、実際にはなかなかそうはいきません。

かといって、大量の文字数を書いたにもかかわらず、わずかなお金しかもらえないようでは最低限の生活すら成り立ちません。そんな状況で、最初はどんな仕事から取って行けばよいのか、非常に気になるところです。

まず利益を出すために

実際に仕事をweb上で取得し、やってみました。リアルタイムで受注し納品まで。完全に「ガチンコ勝負」です。

作業時間は15分くらい。書いた文字は500文字程度といったところでしょうか。

気になる収益はといいますと…120円くらい。これだとまだまだライターとして食っていくには難しい。

ライティングはチームワーク

実はwebライターとして食っていく場合、必要なのはチームワークだったりします。

お互いの得意分野、あるいは苦手な分野を補強しあい、時には仕事を融通し合って成果を上げて行く。場合によっては同じ場所で、アイデアや知識を出し合いながらやった方が早く仕上がる。

自動車系の記事は、一般に女性にとっては苦手な記事だといえるでしょう。男性にとっては占いやファッション、美容等が苦手なのと同様、人や特性によって得手不得手は存在します。そんな時、役に立つのが、

「最初にどんなことを知っていればよいのか?」
「最低限、どんな知識があれば書けるのか?」

実は、自動車関係の知識は、それほど本格的な車の薀蓄が無くても書けます。上の動画ではそれについて解説しております。「車の事はよくわからない」という理由で今一つ避けていた方、これがわかれば仕事の選択肢も増えてきます。むろん、収入アップにもつながるのでぜひ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

【全8回】無料メールセミナー / 「実績のない人普通の人」が、読まれるブログを書き続けるには何を書けばよいのか?
10年文章塾無料セミナー
お名前  *
メールアドレス  *
【10年文章塾に申込む↓↓】

お問合せは o44-988-8859
比嘉行政書士事務所(ヒガギョウセイショシジムショ)宛。
e-mail info@w-plusweb.net

【電子書籍出版致しました】