勘違いしてはいけない

プライドを捨てられる人は自分に自信のある人だ。

多くの人は自信がない。だからまず最初にやるべきことは褒める事。

「今、プライドを捨てても後から取り返せる」

だから「なりふり構わず」行動できる。
だから「恥も外聞もなく」お願いできる。

なぜなら、

「自分のような人間がここまでお願いしてやってんだからお前らは俺の要求を聞いて当たり前」
「自分のような人間がここまで低姿勢でお願いしたら大概の人間はイチコロだろ」

ここまで自信を持ててる人間なんて一体どのくらいいる?

 

しかし逆に言えば、そういう確信を持てる段階まで自信を付けさせない限り、

「プライドを捨てろ」

そんな「人格否定発言」のような言葉を安易に言ってはいけない。

 

自信がない人に対して、

「お前、いつまでちっぽけなプライドにこだわってんだよ?」
「お前、大したことねーんだから見栄なんかさっさと捨てろ」

そんなの拷問だよ。

「成功者」だからこそ出来る

「成功者」「偉い人」だからこそ、なりふり構わず何かをやることに価値があるんだよ。

立場の弱い人に無理強いをするのはただのイジメ、モラハラ。

仮にそういう意図がなくて、本人の能力を信じてアドバイスしているというのであれば、

「君、どんだけ大物にアドバイスしてんの?」

と逆に聞きたいね。

もし本当にそういう人であれば「タダでコンサルさせてください」と土下座するレベルだよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【全8回】無料メールセミナー / 「実績のない人普通の人」が、読まれるブログを書き続けるには何を書けばよいのか?
10年文章塾無料セミナー
お名前  *
メールアドレス  *
【10年文章塾に申込む↓↓】

お問合せは o44-988-8859
比嘉行政書士事務所(ヒガギョウセイショシジムショ)宛。
e-mail info@w-plusweb.net

【電子書籍出版致しました】