10年文章塾無料セミナー
お名前  *
メールアドレス  *

普通の人は何を書けばよいのか?

ブログを書く上で、実は多くの方がこのような疑問をお持ちではないでしょうか?

 

「特別な実績や肩書のない自分が一体、何を書けばよいのか?」

 

例えば、あなたに対して、

「なりたい自分」

・海外の有名大学出身で、外資系の金融コンサル出身のエリート
・元暴走族で年商〇億円のカリスマ社長
・壮絶な虐待を乗り越えた人気カウンセラー

このような経歴、あるいは肩書。いってしまえば、

「メディア受けのいい肩書」

これを好きに選ぶことができるとします。

 

何でも書けてしまいますよね。

にもかかわらず、多くの「文章セミナー」あるいは「ブログコンサルタント」と呼ばれる方の多くが、

「すごい肩書はあるのに文章が苦手な人がいい文章を書く方法」
「ジェットコースター人生を上手く伝える方法」

こういった「文章の書き方」を伝えようとするのです。

「そんなの必要ない」
「というか、そんなものがあれば誰も苦労しない」

そうではないでしょうか?

 

実は、こう思っていないでしょうか?

「どんな文章が苦手な人でも上手に書く方法」

そうではなくて、

「どんな平凡な人でも読まれる文章を書く方法」

多くの「普通の人」のために

私自身、

「金なし、コネなし、キャリアなし」

そんな状態からのスタートでした。だからこそ、伝えられることがあります。

 

「普通の人は一体何を書けば「読まれる」のか?」
「普通の人が読まれるためには、まず何を書けばよいのか?」

 

そこには特別な実績も肩書も。あるいはジェットコースター人生も必要ありません。

「ごく簡単な話を、淡々と書く」

たったコレだけで十分。そして、

「読まれる」

のです。

配信する内容及び日時について

【全8回】
・第1回 1日10回腕立て伏せをやる話が、なぜ「年収10倍アップ」より読まれるのか?(登録直後)
・第2回 間違ったメンタルブロック解除(登録より2日後)
・第3回 「セミナー講師になる方法」で講師になれない理由(同3日後)
・第4回 なぜ簡単な記事を書き続けるとチャンスを掴めるのか?(同4日後)
・第5回 毎日更新を「してはいけない」本当の理由(同5日後)
・第6回 記事を更新するとは「打席に立つ」こと(同6日後)
・第7回 どの時点を実績として「自己評価」してよいか?(同7日後)
・第8回 実績が出来たらどうアピールするか?(同8日後)

このエントリーをはてなブックマークに追加

【全8回】無料メールセミナー / 「実績のない人普通の人」が、読まれるブログを書き続けるには何を書けばよいのか?
10年文章塾無料セミナー
お名前  *
メールアドレス  *
【10年文章塾に申込む↓↓】

お問合せは o44-988-8859
比嘉行政書士事務所(ヒガギョウセイショシジムショ)宛。
e-mail info@w-plusweb.net

【電子書籍出版致しました】