もったいないですよ

私は「もったいないですよ」という言葉が嫌いだ。

一見、その人を評価しているようにも見える。

 

ところが実は、セコイ粗探しかしていない。

言い方は悪いが「姑の嫁いびり」と一緒だ。

 

そんな些細な事をいちいち指摘してどうする。

大体、そんな指摘をしたところで一体「何が、どう良くなる」というのか。

そして本人以外の一体誰に「もったいなさが」伝わるのというのだ。

「実績をアピールしてください」という卑怯な言葉

私自身、その人をよいと思った場合、その人と一緒に「認められない」覚悟でその人の価値を伝える。

もしその人が「自分自身も含めて」騙した場合どうするか?

恨んではいけない。なぜなら「自己責任」だからだ。要は自分に「人を見る目がなかった」ということ。

 

実績をアピールしてください、と「保険を掛ける」ような卑怯な真似はしたくない。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【全8回】無料メールセミナー / 「実績のない人普通の人」が、読まれるブログを書き続けるには何を書けばよいのか?
10年文章塾無料セミナー
お名前  *
メールアドレス  *
【10年文章塾に申込む↓↓】

お問合せは o44-988-8859
比嘉行政書士事務所(ヒガギョウセイショシジムショ)宛。
e-mail info@w-plusweb.net

【電子書籍出版致しました】