まだ「セミナー営業」続けますか?

もしもあなたの手元に数万円のお金があったとする。

そして、そのお金でどこかの自己啓発セミナーに参加しようとしているとしよう。目的は「人脈作り」だ。

 

「このセミナーに人生を賭ける」
「この一日に勝負を賭けて」

 

おそらくそのセミナーにはこのような謳い文句が書かれているのかもしれない。

 

「あなたの本気度を試す」

 

だとしたらそれは「待った」と言わざるを得ない。

 

理由は簡単だ。

 

失敗に終わるから。

同じ金額で出来ることは?

もし仮にあなたが成功して大金が入ってきたとしよう。

そして優雅に海外旅行をした内容をブログにでも書くとする。

 

さて、そこで問題になってくるのが、

・どこへ旅行するか?
・どんな場所を訪れるか?

 

おそらくあなたは嫌でも目にするのではないか?

「海外旅行ブログ」
「海外旅行をしているブロガー」

 

それは必ずしも「年収○倍アップ」「幸せな成功」といった人とは限らない。

ごく普通のOL、あるいは貧乏旅行専門のバックパッカーでもいい。

 

「こんな場所を、こんな感じで訪れてみたい」
「これだけいろんな場所に訪れている人がいるのか」
「特定の国や場所に、頻繁に訪れている人がいる」

そんなブログを一つや二つ、目にすることがあるはずだ。

「成功者となった」あなたが入手したい情報とは?

「この国へ行くならこのお店の〇〇は絶対おすすめ」
「〇〇空港は出口がとにかくわかりづらい」
「〇〇に行くなら××は絶対持って行った方がいい」

そのような情報が書かれたブログがあるとする。というより個人の旅行ブログには基本的にそのような情報が書かれている。

当然、旅行計画の段階でそういった情報は「欠かせない」だろう。

 

もし将来、「成功者となった」あなたが海外旅行を訪れるとした場合、あなたが真っ先に知りたい情報は、

・年収○倍アップを実現する方法
・海外に行く前にぜひ知っておきたい情報

どちらだろうか?当然だが後者ではないだろうか?

 

もしあなたがめでたく成功者となったとして、そして海外旅行の計画として海外の情報を調べている際、

「月収〇倍アップを目指す会社員のブログ」

これを見たいだろうか?おそらくないだろう(今、成功していないあなたであれば話は別だが)

 

砂漠では水が宝石より価値を持つことがあるのと同様。

 

つまりそういうことだ。

「ミネラルウォーターって高いですよね」
「もうちょっと収入が増えてから買ってみようかと思います」

そんなこと言ってる場合じゃない。少なくとも死にたくなければ。

「成功者になる前の」あなたが入手すべき情報とは?

と、なれば、「成功者になる前の」あなたが入手すべき情報は一体何だろうか?

・年収○倍アップを実現する方法
・海外に行く前にぜひ知っておきたい情報

 

どちらだろうか?よく考えて欲しい。

 

・あなたは将来、成功する人
・読者は今、成功している人

となれば…

・海外に行く前にぜひ知っておきたい情報

どうだろうか?当然だが既に成功している人にとって、成功方法は「釈迦に説法」に過ぎない。

 

しかし、その成功した人が今後のために何かをやろうとした場合、

「成功者である自分に先んじて何かを体験している人」

その人の存在に目を付けるのは当然のことだ。

もしその「先んじている人物」があなただとしたら…

実際に現地を訪れてみると?

海外といっても世界各地を訪れよ、といっているのではない。

あるいは特殊な地域(極端に治安が悪い、入国自体が困難等)を訪れよといっているわけでもない。

 

ごく身近で、かつ低価格で訪れることが可能な地域。例えばアジア圏(台湾や香港、韓国辺り)は国内旅行よりも割安なケースもザラだ。シーズンオフであればグアムやハワイ等も然り。

(旅行の内容にもよるが)文字通り「数万円程度で可能」である。

 

どんな小さな発見でもいい。あるいは失敗でもいい。

あるいは失敗した方がよいのかもしれない。

 

「これを持って行かなかったばっかりにすごく不便な思いをした」

 

失敗、というと何かカッコ悪いイメージがあるかもしれない。しかし失敗を大っぴらに話せるのは決してカッコ悪いことではない。

むしろ「何とか話せる程度」の失敗ならどんどん話したほうがよい。少々の失敗で、かつ多くの人の参考になる内容ならば大いに話すことであなたの評価は下がるどころかむしろ大いに上がるだろう。

 

何なら「わざと」失敗をしてもよいのかもしれない。あまりにわざとらしいのはNGだとしても…

「こういうことだけは気を付けて」

と、自らの経験を以て人に伝えられるような失敗はむしろ歓迎される内容といえる。

将来、成功するあなたに足りないのは…

あなたに足りないのは「実績」ではない。

「経験」

だ。

 

そしてもう一つ。あなたはある、大きな勘違いをしている。

実績をアピール=華やかな成功体験を自慢すること

と思っていることだ。

 

それは「まだ成功していない人」にアピールする方法としては効果があるのかもしれない。

しかし「既に成功している人」にアピールする方法ではない。

 

なぜなら「上には上がいる」。

あなたより「さらに上の」成功者にとって、あなたの成功をわざわざありがたがって拝聴する必要など当然だが全くない。

 

では、彼らがあなたに求めているのは一体何か?

自分達よりも、さらに上の「ものすごい大成功体験」なのだろうか?

 

そうじゃない。何度も言うように、

「彼らがこれからしようとしていることを、先んじて経験すること」

これをやっていればよい。

 

ここで例に挙げたのは海外旅行だったが、その他にも探せばいくらでもある。

同じ旅行でも、海外ではなく国内というのもあるし、あるいはダイエット。もっといってしまえばダイエットよりも軽い「散歩」でもよいかもしれない。

 

何度もいうが、大事なのは「先んじて行う事」だ。

むろん、彼らが「何を求めているか?」は未知数だ。当然、あなたのブログを見てくれるかどうかも。

 

しかしそれでも、まずはやってみること。

成功者、即ちあなたが本当に見てほしい人、いわば「本命」が見ていなくても、

・その友人が見て、その口づてで知られるかもしれない。
・その子どもが見て、その口づてで知られるかもしれない。
・その兄弟が見て、その口づてで知られるかもしれない。
・その取引先の人が見て、その口づてで知られるかもしれない。

結果は未知数だ。しかし、だからこそ「セミナーに参加する前に」やってみる価値はあるのである。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【全8回】無料メールセミナー / 「実績のない人普通の人」が、読まれるブログを書き続けるには何を書けばよいのか?
10年文章塾無料セミナー
お名前  *
メールアドレス  *
【10年文章塾に申込む↓↓】

お問合せは o44-988-8859
比嘉行政書士事務所(ヒガギョウセイショシジムショ)宛。
e-mail info@w-plusweb.net

【電子書籍出版致しました】